パソコン(OA機器)オークション

パソコン(OA機器)オークション

信頼と実績、そして二輪で培ったノウハウ。
ナンバーワンを選ぶなら、JOAオークション!

まだ、国内に中古パソコン(OA)機器オークションという概念が存在しなかった1988年、来るべきパソコン需要の増大および市場拡大を見据え、日本で初めてパソコン(OA)機器オークションを開催したのがJOA。以降、中古パソコン販売事業者様のニーズに応えるべく、出品規模の拡大はもちろん、システム面においても飛躍的な発展を遂げてきました。そのバックボーンとなったのは、二輪車オークションで培われたオークションのノウハウ。それはJOA発展の大きな原動力となり、今日では会員店様の絶大なる信頼を頂くに至っております。

国内最大級の豊富な出品量! 情報・物流サービスも充実!

JOAオークションは国内初の中古OA機器オークションとして1988年にスタートし、市場の形成および拡大に寄与してきました。現在では、パソコンの爆発的な普及もあり、パソコンを中心にLCD、デジタル家電、周辺機器など1ヶ月あたりの出品台数は20,000台にのぼり、毎回90%以上という高成約率を達成しています。

オークションは柏の杜・関西・九州の3会場を高速通信網で結び、毎週火曜日に定期開催。また、会員店様向けに、オークション落札データを毎週配信するなど、情報サービスの充実を図るほか、物流サービスにおいても低コストで落札商品をお届けするシステムを整えています。

⇒JOA入会手続き詳細はこちら


インターネットを利用しオークションに参加するシステム「ジュピター」

オークション会場に直接来場できない場合でも、インターネットを利用しオークションに参加できるシステムである「ジュピター」を用いる事により、リアルタイムでのオークション参加が可能になります。また、ジュピターには応札機能だけでなく、①相場情報の検索 ②下見情報の検索 ③予約応札機能 etc.. オークションに参加するにあたって便利な機能が数多く搭載されています。

⇒「ジュピター」詳細について