オークション会場

関西会場(関西支店)

関西で初めてオークションが開催されてから8年後の1994年、現在の堺市にBDS関西会場が完成しました。そして、2012年3月、フェイス・トゥ・フェイスのお付き合いをコンセプトに内装をリニューアルいたしました。

また、関西会場は限られた敷地で最大限の車両展示場を確保する為に、展示場が立体構造になっています。

受付・事務所

リニューアルにより内装も一新。広々とした空間にオープンカウンターを設置し対面によるコミュニケーションが可能となりました。

2階に設置されたカウンター

2階に設置されたカウンター

カウンター前も広々としています

カウンター前も広々としています

応札会場

全席に柏の杜と同様の応札端末を設置。それぞれの端末から応札はもちろん、下見や相場検索等ができるようになりました。

1階応札会場

ガラス張りの1階応札会場

応札開場

多くの会員店様で賑わう応札開場

二輪車両展示場

関西会場の展示場は立体構造なのが特徴です。また会場北側の駐車場の下には蚤の市車両の展示場が用意されています。

立体構造の展示場

立体構造の展示場

各階には多数の車両が展示される

各階には多数の車両が展示される

蚤の市車両展示場

蚤の市車両展示場

サイバーオークション展示場

関西でも行われているサイバーオークションには数多くのパーツ・用品が集まります。もちろん事前に下見をすることも可能です。

サイバーオークション展示場

サイバーオークション展示場

パーツの出品も多数

下見がしやすいように綺麗に並べられる

足回り関係の出品も充実

足回り関係の出品も充実

■関西会場へのアクセス

関西会場へのアクセス

BDS関西会場TOPへ