スズキモーターサイクルショー

スズキがWEBで『モーターサイクルショー』を公開!

公開日: 2020/06/22

更新日: 2021/07/13

 新型コロナウイルスの影響で各種イベントは軒並み中止や延期を発表。各地で開催を予定していたモーターサイクルショーも例外ではなかった。この時期は年間を通して最大の需要期に当たるため、メーカーにとっても最大のPRの場だが、中止となったことで、一部のメーカーが新たな展開を試みた。WEB上でのモーターサイクルショーだ。ホンダは3月27日にモーターサイクルショーのブースをWEB上で再現した「ホンダ・バーチャルモーターサイクルショー」を公開。スズキも同日、「スズキWEBモーターサイクルショー」を公開した。

バイクに興味を持つ人やユーザーに向けて情 報を発信し、つなぎとめておくことが重要

話題のモデル「ジグサー250」の動画などを見ることができる

 ホンダのバーチャルモーターサイクルショーについては別記事で紹介(10〜11P参照)するので、ここではスズキの「WEBモーターサイクルショー」について、取り上げる。

 特設サイトのトップページをクリックすると、画面に現れるのは、ブースを模したページ。その中にあるモデル名をクリックすると、そのモデルの詳細をチェックすることができるようになっている。

 例えば、6月17日に発売される新型「ジクサー250」をクリックすると、「プロモーションムービー」「開発者インタビュー」「新開発250㎤油冷エンジン」などの項目が並び、様々な情報を見ることができる。「足つきチェック」もあるので、実際にまたがることはできなくても、モデルライダーのまたがる様子から、だいたいの雰囲気はつかめるのだ。

 実際に現車を見たかった、との声が多いのは、特別色の参考出品車両「KATANA」だ。レッドとマットブラックが用意されており、ネットで見る感じでは、レッドモデルは派手で明るいレッドではなく、深みのある落ち着いた色合いだ。マットブラックモデルは、キュッとしまった印象で、より精悍でスタイリッシュに見える。人気のKATANAの特別色だけに、この2モデルに関しては「実物を見たい」という人が多いのも納得できる。

メッセージを発信するスズキ二輪の濱本社長

 KATANA以外にも、参考出品車として「Vストローム1050/XT」「GSX‐R1000R」「GSX‐R125」も見ることができる。

 このほか、株式会社スズキ二輪の濱本英信社長からのメッセージ、新型「ジクサーSF250/ジクサー250」のアンバサダーとなっているダンス&ボーカルグループ「lol(エルオーエル)」からのメッセージ、「MotoGP」コーナー、「SUZUKI FUN SHOP」コーナーなど、車両以外の様々な情報も、いくつか豊富に用意されている。

 ホンダやスズキの取り組みのように、モーターサイクルショーで発信する予定となっていた情報をまとめて見せるというのも、ひとつの手段。

 2020年のバイクシーズンが始まる時期に、新型コロナウイルスの流行という状況に見舞われ、4月上旬のいま、緊急事態宣言が発令されるなど、終息の見通しは不透明だ。 しかし、バイクに興味を持つ人やユーザーを飽きさせない工夫で、しっかりとつなぎとめておくことは、何よりも重要なこと。それが、コロナウイルス終息後の展開につながっていくのだろう。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...