HARLEYDAVIDSONフリーペーパー

「Wheel Junkie」のためのフリーペーパー「オンザロードマガジン」発行人に見る、好きを仕事にする力

公開日: 2020/06/22

更新日: 2021/07/13

ビジネスの源になる “好き”を貫くスタンス

 バイク乗りなら誰もが一度は目にしたことがあると思われる、アメリカンなイラストが表紙を飾るフリーペーパー「オンザロードマガジン」。その表紙のイラストをはじめ、誌面制作全体を手掛ける発行人・編集長を務めるのが、GAO(ガオ)ニシカワ氏だ。

 企業にクリエーターとして勤務した後、ハーレーダビッドソンとの出会いがきっかけで退職。単身アメリカ大陸を横断し、その2年後にシカゴからロサンゼルスを結ぶ約4000キロの旧道、ルート66を走破した。バイク専門誌からの連載オファーをきっかけに、自らの体験や素晴らしい出会いを発信したい、アメリカの路傍の風景を描いた「ロードトリップ・アート」を一人でも多くの人に見てもらいたい、と考え、フリーペーパー「オンザロードマガジン」を自費出版することになったのだ。

 キャッチコピーは「The Wheel Junkie」。ホイールが付くすべての乗り物が好きな人のために、という思いを込めた。創刊時は2000部だったが、2020年現在、毎号3万部を発行。ハーレーダビッドソン正規ディーラーをはじめ、バイクショップやパーツ・用品店、自動車やアウトドア関連店舗、飲食店などを中心に全国1000店舗以上で配布されている。

GAOニシカワ氏。武蔵野美術大学卒業後、大手企業でクリエーターとして活躍。独立後にハーレーでアメリカ大陸横断、ルート66を走破。2003年にフリーペーパー、「オンザロードマガジン」を創刊する。イラストやデザインの制作・提供、個展開催やメディア出演など幅広く活躍している

 誌面制作の傍らGAOニシカワ氏は企業や雑誌、広告媒体などのためにイラストを制作。また、自らのブランドの立ち上げや、個展開催など幅広い活動を展開している。直近では日本郵便の2020年賀状ににフェアレディZ S30の50周年記念イラストが採用されている。

「オンザロードマガジン」はバイク、クルマはもちろん、アパレルや食、ガレージなど幅広いジャンルを網羅し、誰が見ても楽しめる内容となっている。ファンからの情報提供も多く、誌面制作のためのネタは尽きることがないという。

 定期的に渡米する目的は誌面の取材、イラストのネタ集め、そして思う存分走るためだという。「自ら走るからこそ分かることがある。巡り会える景色がある。そして気付きがある」。その行動力が魅力の根源にあり、GAOニシカワ氏が生み出すクリエイティブは多くの人に支持される。

 毎号発行人の「好き」が詰め込まれたオンザロードマガジン。好きなことを仕事にしてそれを貫き通すことは、たやすいことではない。しかし、さまざまな難題が立ちはだかる今の時代だからこそ、「好き」が生み出す無限のパワーを忘れずにいたい。

人気記事ランキング

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


昨年以降、国内4メーカーの、原付一種を除く昨年以降の新車販売台数は、ほぼすべての月で前年同月比プラ...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


原付二種スクーター「アドレス110」にスペシャルエディションとして「特別色」を設定して8 月6 日に発売...


1997年の初開催以来、カブシリーズのイベントとして毎年恒例となっているのが「カフェカブミーティングi...


東京都は原付三輪を含む、EVバイクの車両購入補助金を増額し、6月7日より申請受付を開始した。なお、受...


水冷・124cm3の“BLUE CORE”エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


全国オートバイ協同組合連合会は6月30日、衆議院第一議員会館で公明党オートバイ議員懇話会とオートバイ...