CEO挨拶

二輪車販売店様のための
総合サービス会社として

激動の年

 

  昨年は数十年に一度の激動の年となり、新型コロナウィルスの出現によりまして、世の中のライフスタイルや価値観が大きく変化する年でございました。飲食業・観光業といったサービス業を中心に、予測もしない「まさかの坂」がやってまいりましたが、どんなご商売でも好況であり続けるという事はなく、好況の波の後は必ず不況の波が押し寄せます。逆に不況の後は好況の波が来ると信じて、短期的な動きに一喜一憂せず、冷静に波を読んでいく必要があると改めて感じております。

 

  我々オートバイ業界におきましては、不幸中の幸いか、昨年一年を通じて販売は概ね好調のようでした。今までも良い年と悪い年はありましたが、新車出荷台数や国内保有台数等を見た時に、この十年間のオートバイ市場は縮小トレンドで、苦難の十年間であったと言えます。爽快に風を切って走るオートバイの魅力が、コロナ禍で改めて見直された事は、正直複雑な思いではありますが、業界としては決して今の状況に浮かれてはならないと考えております。

 

  我々には社会のインフラでもあるオートバイを、安心・安全・安定してユーザーへ提供していく使命がございます。たとえ数が売れたとしても、安心・安全の質を下げてはなりません。新しくオートバイに乗るというライダーが安心してオートバイライフを過ごせるように、決して質を下げてはならないと感じております。最近はオートバイの良さが取り上げられるニュースをよく見かけますが、同時に事故の多さも報道をされています。現在、BDS柏の杜会場では地元でありますAJ千葉様が取り組まれています「オートバイのスキルアップ練習会」の活動に、微力ながらご協力をさせて頂いております。安心・安全なオートバイライフには、やはり安全運転は欠かせません。安全運転の活動は一企業だけで対応できるものではありません。業界をあげて安全運転の啓蒙をしていく事が必要なのではないでしょうか。

AJ千葉様が主催するスキルアップ練習会

課題は商材の確保

 

  安心・安全の他に、安定して提供していくという部分に、今大きな課題が生じております。世の中からオートバイが必要とされているのに、物が入らないという状況です。新車の入荷の遅れ、良質な中古車のタマ不足、中古車相場の高騰、非常にご商売のやりにくい状況だと拝察します。出品車両が高く売れた事で恩恵を受けた方も多いかもしれませんが、私は今の状況に強い危機感を抱いております。新車を乗るにはモデルによっては納車半年待ち、早く乗りたいと中古車を探しても、中古車価格も上昇をしていますので、これからオートバイに乗ろうというユーザーのハードルは、相当上がってしまっているのではないでしょうか。本年も商材の安定確保が業界の大きな課題となるのは間違いないでしょう。

これからのオークションとは

 

  私がBDSに入社しましたのは1998年、当時はまだ埼玉県の戸田会場にてオークションを開催していた時期でした。その後、茨城県の筑波会場を経て、現在の柏の杜会場に至りましたが、戸田・筑波会場の当時を振り返りますと、とにかく毎週の出品車の量をいかにさばくか、に追われてきた時代であったと思います。しかし近年は国内の二輪車市場は成熟したものとなり、業界は量から質へと転換をしていく段階にあると捉えております。昨年は思いもよらぬ需要から瞬間的に数が売れました。今年もある程度の需要は続くと予測しますが、この先長期的にはやはり数の減少は免れないと思います。その様な状況下、これからのオークションの運営についても量から質へ、「1台1台をいかに丁寧に扱うか」が求められると考えております。

新しくなったJupiterの応札画面
プレミアムオークション展示場
 

  オークションの取引はインターネットを介したものが大半を占めるようになりましたが、その際に検査が重要となる事は言うまでもありません。当社の検査制度については手前みそながら、ある程度のご評価を頂いていると自負しておりますが、評価基準の適性化と検査員ごとの評価の統一性にはまだまだ改善の余地があります。また、jupiterにつきましては、昨年9月に大幅リニューアルをさせて頂きました。特に下見画像をより高精細なものとしましたが、買い手の見たい箇所をより追求して「的を射た撮影」をしていく必要がございます。クレーム対応につきましては、出品店様・落札店様の双方に納得頂ける対応というのは、なかなか簡単ではありませんが、ありがたいことに「BDSは万が一不具合があっても、クレーム対応の制度があるので安心して落札ができる」というお声も頂戴しております。今後も柔軟で納得のいく応対を心がけてまいります。

 

  ここにきて旧車・絶版車の人気が一段と高まっておりますが、当社ではプレミアムオークションという新しいセリを始めました。「会員店様の財産である出品車両を大切に扱う」をコンセプトとしたものです。お蔭さまでご好評を頂戴しており、お取引のリピーターも増加傾向にあります。価値のあるオートバイをより大切に扱うために、毎週ミーティングを重ね、さらなる満足度向上を目指しております。

 

  当社はオークション会社ではなく、創業当時より「二輪車販売店様の為の総合サービス会社」を標榜しております。販売店様のご商売の環境が大きく変化をしていく中、今まで以上に販売店様に寄り添ったサービスをご提供していくことが当社の使命であると考えています。

代表取締役CEO