HARLEY-DAVIDSON足つきインプレ試乗インプレ小林ゆき動画

ハーレーダビットソン新型「ナイトスター」インプレ!力強く扱いやすい新型水冷エンジン搭載!

公開日: 2022/09/19

更新日: 2022/09/20

スポーツスターシリーズの新時代!今年発売された新型ナイトスター。水冷Vツインエンジンの乗り味についてバイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバイクセンサーイメージガールの竹川由華ちゃんが試乗インプレを行いました。

足つき&取り回しインプレ

これまでのハーレーと同様、エンジンむき出し、サスペンションがツインショックで見えるタイプです。フロントフォークも30度角でアメリカン。総重量は220kgあります。

早速足つきチェック!シート高705mmの新型ナイトスター。身長160cm、手足短めのわたしですが、膝を少し上げただけでまたげます。ミッドコントロールなので、またがってすぐに足を置きやすい♪地面をべた踏み状態で、さらに膝が曲がるくらいシート高は低めです。

では、またがった状態で直立させてみます!足の力だけでは難しい・・・。腕の力が必要で、重心位置はかなり低いです。そしてハンドル位置は小柄な方だとかなり前掲姿勢になります。ですがこれ、ハーレーにわざと前傾に「させられてる」!?ライディングポジションによって走行中のライダーをスポーティな気分に盛り上げるデザイン設計なんです!

シートはおにぎり型で足が降ろしやすい。さらに踏み替え楽ちんでシートの皮も滑りやすい。150cm程の小柄な方でもハンドル位置を替えたら問題なく乗れそうです。

続いて取り回しを見ていきます!腕だけで直立させるにはかなり重いですが、タンクに腰を付けて押すと簡単に立ち上がりました!ハンドルもちょうどいいところにあります。足つきの時は、ハンドルがだいぶ前にあるように思いましたが、取り回しだと自分とタンクの近くにある気がして重心もステムの真下にあるようです!200㎏オーバー感はありません!

水冷エンジン・レボリューション975、乗り味を見ていきます!

まず車体構成によるハンドリングの軽快感がすごい!あたかも250ccのスポーツバイクに乗っているような感じ。クラッチもすごく軽くなっています。ハンドル位置が前にあり前掲姿勢になるのでクルーザーに加えてスポーツ感が出て、気分が盛り上がります!

歴代のハーレーだとビッグツインでトルクがすごかったですが、新型ナイトスターのノーマルモードはごく低速でマイルド。発進停止のちょこまかさが非常に得意。クラッチワークとスロットルワークに対して、リニアで包み込むような優しさを感じます。ですが、回転を上げていくとやっぱりハーレー!野太いドコドコが伝わってきます。

そして、シート高705㎜の足がべたべたにつく安心感!タンクとシートの間が細くなっていて、遮るものがないのでかかとまでべったりの安心感がスゴかったです。

最後は竹川由華ちゃんとナイトスターカスタム車見ていきます!

※動画は試乗インプレの最後にあります
※動画は試乗インプレの最後にあります

新型ナイトスター発表に加えて、北米・欧州・アジアから選ばれた6人のカスタムビルダーが参加する「ナイトスター・カスタムプロジェクト」が開催され、日本ではヒデモーターサイクルファクトリーが参加しました。

こちらがその特別カスタム車両です!タンクとシートが一体型のような見た目で、フラットトラックを走るバイクをイメージしてデザインされているのではないでしょうか。そして、なんといってもハーレーのイメージカラーであるオレンジと黒の色使いがすごくかっこいいですね!

ナイトスターはクラッチも軽いですし、エンジンの出力も都会での運転にマッチさせてあります。それでいて、エンジンをガバッと開けるとしっかりトルクもあるので、ゆっくり走るのもスポーティに走るのもどちらも楽しめる車両ですね!

初ハーレーだった竹川由華ちゃんに、単刀直入に感想を聞いてみました!

ファーストインプレッションはとても乗りやすかったです♪足つきがいいから、信号待ちの多い街中でも安心して乗れました!メーターにニュートラルやギアが表示されるからわかりやすいし、ギアチェンジも固くなくて本当に乗りやすかったです!

ハンドルは、最初慣れてなくて取られる感じがありましたが、次第に少し動かしただけでスッと曲がれるようになりました。タンデムしてみての感想は、お尻が全然痛くならない!シートがしっかりしていて、後ろに支えもあるので落ちる心配もなく安心感がありました♪

【小林ゆきさん略歴】
横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。
◎小林ゆきブログ
◎Twitter
◎Kommonちゃんねる


【竹川由華さん略歴】
滋賀県出身のアイドル。愛称はゆうかりん。第二回サンスポGOGOクイーン審査員特別賞受賞。バイク好きの両親の影響で、自身でもツーリングに行くバイク女子。愛車はGPZ750・YZF-R25。2022年3月「BDSバイクセンサー」のイメージガールに就任。バイク好きアイドルとして活動の幅を広げている。
◎Twitter
◎Instagram
◎びわこのゆうか





HARLEY-DAVIDSONの記事一覧インプレ動画はこちら!
その他のインプレ記事も盛りだくさん。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...