BDS動画

二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

公開日: 2023/09/21

更新日: 2023/09/26

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレーキ編】。点検項目は、“遊び”と“効き具合”と“液”。勘違いポイントが多くあるので、そこを踏まえてBDSテクニカルスクール講師を務める井田講師が紹介していきたいと思います!

ブレーキの“遊び”とは?

ブレーキの“遊び”とは?
ブレーキの“遊び”とは?

まず、勘違いポイントとして、ブレーキレバーに調整できるダイヤルがありますが、これは遊びではありません! このダイヤルは手の大きさに合わせてレバーの近さを調整するものです。ディスクブレーキは油圧式なので、厳密に言うと遊びは調整できないんです。

じゃあ“遊び”ってなんなのかというと、ブレーキを握った時に感じる反発感のことです。駄目なブレーキだとスポンジを握っているような感じになります。そうなると、トラブルを抱えている可能性があるので、すぐにバイクショップに行った方がいいです。握った時の遊び(反発)があるものだったらちゃんとブレーキが効きますので、遊びは大事なポイントです。

あと、個人的なところで言うと、ブレーキレバー付け根の取り付け部分はよく見ます。これが外れるのはホント最悪ですから、めちゃめちゃ大事です。

ブレーキフルード液の交換は2年!

ブレーキフルード液の交換は2年!
ブレーキフルード液の交換は2年!

ブレーキフルード液は入っていればいいでしょ? と勘違いしている人も多いですが、これは2年のスパンで変えてください! 車検のないオートバイは本当に無法地帯です。スクーターとか、あんまりバイク興味ないけど普段の足で使っている人は要注意。

ブレーキフルードっていうのは専用の液体が入っていますが、ブレーキをかけた時に熱を持つんですが、その際にブレーキフルードの性能が劣化していると沸騰しちゃいます。沸騰すると気泡が出来てしまい、油圧ブレーキが伝わらなくなってしまうので、頻繁に変えても損はないです!

交換する時のポイントは、カラっとした空気の時にやること。ブレーキフルードは空気中の水分が入りやすくなっています。水が入ってしまってもブレーキの性能を担保するために分離しないようになっていますが、性能が低下し沸点も下がってしまうので、秋の天気が良い時とか空気中の水分が少ない時がおススメです!

あと、最近のオートバイはABS付いてますね。ABSのユニットの中って電気で動く細かいバルブが入っているんですが、これも交換しないとサビます。ブレーキフルードと同じく、水との親和性が非常に高いので、長く放置しているとちょっとずつ空気中の水が分子レベルでたっぷりと入ってきて劣化し、中の部品がサビます。そうなると効きが悪いし、最悪ABSが効かなくなります。なので、こちらも最低2年ごとに交換してください。

ブレーキフルード液の確認方法!

ブレーキフルード液の確認方法!
ブレーキフルード液の確認方法!

まず、フロントブレーキはマスターシリンダーの点検窓を見て、“LOWER”と描かれた印よりも液面が上にあれば最低限大丈夫です。これが下がっているとブレーキパッドが減っている可能性あります。リアブレーキは白い半透明の容器に凹凸で印されている“LOWER”と“UPER”の間に液面があればOKです。ブレーキフルードに関しては「交換スパン」と「液量」を覚えておいてください。

また、ブレーキを握った時の熱ってゴムの部品が発生させてるんですが、そのゴムも劣化しますので4年に一回は変えて欲しいです。ブレーキのキャリパーっていうところにも同じような部品が使われてますから、それも4年に一回変えてください。

今回のブレーキ編のポイントは2つです。

1.油圧式ブレーキは「遊び」の調整は出来ない。異常があったらバイクショップへ
2.ブレーキフルードは2年に一回は交換する。さらにゴム部品は4年に一回は交換する


以上のことに気を付けて安全を担保しましょう!

【二輪自動車整備士講師 井田安彦】 BDSテクニカルスクール講師
◎保有資格
2級二輪自動車整備士、2級ガソリン自動車整備士、2級ジーゼル自動車整備士、自動車検査員、二輪車安全運転指導員

★2・3級二輪自動車整備士を目指す方必見!
二輪整備士国家試験、3期連続合格率100%を達成
令和4年度第2回試験では、全国合格者の4人に1人がテクニカルスクール受講生
BDSテクニカルスクールHPhttps://www.bds.co.jp/technicalschool/

ブレーキフルード液の確認方法!

SE Ranking

人気記事ランキング

2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダ「NR750」エンジン掛けます!1992年発売国内限定300台!

伝説のバイク「ホンダNR(NR750)」のエンジン音を小林ゆきさんがインプレ!この車両は日本最大のバイク...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


現役ライダーにバイクライフやバイクショップとの付き合い方をインタビュー! ~後編~

いまのライダーは何をキッカケにバイクに乗るようになり、どのようにショップと付き合い、どんなカタチ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...