業界トピックAFUストア

バイクにも対応。ワイヤレス・ポータブルな電動空気ポンプ「AM31」

公開日: 2020/12/18

更新日: 2021/07/23

 例えば、ツーリングの時。例えば、ちょっと買い物に行こうとしてバイクに乗ろうと思った時。バイクに乗っていれば、誰でも一度は、いつの間にかタイヤの空気が抜けていたという経験をしたことがあるだろう。または、お客さんから、そういう話を聞いたことがあるだろう。

 これは説明するまでもない話だが、釘などが刺さっても、瞬間的にタイヤの空気が抜けるわけではなく、徐々に空気圧が減っていくので、気づきにくいもの。そのままで走るのは非常に危険だ。転倒やバーストの恐れがあるだけではなく、タイヤがかなりたわんだ状態になっていると、ホイールまで傷つけてしまう可能性もある。そんな時にあると便利なのが、バイクにも空気を注入できる空気ポンプ。ひとまずタイヤに空気を入れておけば、とりあえずは近場でパンク修理のできるところまでは走ることができる。

 ツーリングを主催する販売店なら持っておいて損をしないのが、持ち運べる電動式空気ポンプ。AFUストア(運営会社:鑫三海株式会社)の「AM31」も、そのひとつである。円筒形でW45㎜×D45㎜×H235㎜の、バックなどに十分に収納できるコンパクトサイズながら、2000mAhの大容量バッテリーを2つ搭載。1分間に最大2万7000回転するモーターが、1分間あたり20リットルの空気を吐出する。充電はUSBケーブルを介して行い、フル充電まで3〜5時間ほどだ。
 
 アタッチメントはアメリカ式なので、クルマやバイクに対応可能。また、4種のノズルが同梱されており、自転車やボールなどにも空気を入れられる。
 
 1回の充電で、ロードバイク(自転車)なら、完全に空気の抜けたタイヤを約7本満充填。クルマなら、少し空気の抜けた状態の205/55R16のタイヤ約16本を、2・0barを2・3barに充填することができる。空気圧の単位も、「KPa」「BAR」「PSI」「kg/㎠」の4単位に切り替えて使える。

 タイヤの空気圧は少な過ぎても多過ぎても良くないが、AM31には自動停止機能が付いているので、設定した以上の空気圧になることはない。さらに、空気を入れていてAM31本体が65度以上になっても停止する仕様となっている。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...