業界トピックケンテックスジャパン

パーツの組み合わせは1000億通り以上!ライダー用腕時計「MOTO-R SP」

公開日: 2021/02/19

更新日: 2021/07/27

 東京都台東区にある機械式時計メーカーの株式会社ケンテックスジャパン(以下、ケンテックス)。同社は自衛隊の時計などを手掛けているが、2018年、バイクライダー用の腕時計「MOTO-R」を開発。オシャレ感度の高いライダーたちの間では知られている会社だ。

 そのケンテックスが、新たに開発したバイクライダー用腕時計が「MOTO-R SP(以下、SP)」。では、MOTO-Rと普通の腕時計、どこが違うのか。

 まず、リューズなどボタン類の位置。一般的な腕時計のリューズは、3時の位置に付いている。しかし、MOTO-Rは9時の位置にある。バイクに乗っていると分かるが、3時の位置にボタン類があると手首に当たるのだ。9時の位置にあるので手首の動きを妨げることがなく、ボタンの誤作動も防げる

 そのほか、振動や衝撃を感知して補正する「ショックディテクションIC」を搭載した、新設計のムーブメントであるこもと、大きなセールスポイント。バイクに乗っていれば、少なからず腕にも振動がくる。路面にギャップなどがあれば、衝撃も伝わる。それらの対策として、時計内部から見直し、耐振性や耐衝撃性能を格段にアップ。さらに、汗や酸に強い素材が使われているのでタフな使用にも耐える仕様となっている。

 では、MOTO-RとSPはどこが違うのか。それは、カスタムが可能なこと。SPは16個の分解可能なパーツで構成されており、その全てのパーツにおいて、デザイン、色、素材を選ぶことができる。その組み合わせは、実に1000億通り以上。つまり、世界に一つだけの腕時計を作れるのだ。

 バイクをカスタムするユーザーは多いが、そのバイクに合わせて腕時計もカスタムできたら…そんな、ワクワク感を提供する時計が、SPなのだ。

 現在、SPは、クラウドファンディングサイトのマクアケにおいて、製品化支援のプロジェクトを公開中。時計本体は、3針モデルとクロノグラフモデルから選べる。応援購入すると、6月末までに商品が届けられる予定で、プロジェクトの終了日は3月17日。カスタムユーザーや、腕時計に興味のあるユーザーに、ぜひとも教えておきたいプロジェクトだ。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...