ホンダEVニューモデル

電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

公開日: 2023/06/29

更新日: 2023/07/03

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユースを目的としたもの。価格は29万2000円と、電動としては安価な設定となっている。

一充電あたりの走行距離53kmを実現

2019年、ホンダはビジネスユースを目的とした「BENLY e:」、2021年にはビジネス用電動三輪スクーター「ジャイロ e:」と「GYRO CANOPY e:」を発売。これにより「Honda e: ビジネスバイクシリーズ」は完成した。

ビジネス領域での使用は、個人利用に比較するとかなり過酷だが、ホンダは最初、あえてこの領域から電動化に挑戦。そこで得た使用状況や使い勝手、交換式バッテリーの有用性について集約。それらの知見を元に改良点をピックアップし今回のリリースとなった。

動力用電源には、交換式バッテリー「HondaMobile PowerPack e:」を1個使用し、一充電あたりの走行距離53kmを実現した。シート下にはバッテリーを搭載するスペースの他、小物の収納が可能なラゲッジボックスを確保。また、フロント部内側には、500mlのペットボトルも入るフロントインナーラックと、携帯端末の充電にも便利なUSB Type-Aソケットを標準装備。通勤や通学、買い物など日常で使い勝手のよい機能を備えている。

懸案の使用済みバッテリーの処理についてだが、ホンダはバッテリーを回収するスキームを構築。今後、リサイクル、リユースなどで再活用するリソースサーキュレーションに取り組むことを表明している。

先にも触れたが、「EM1e:」の価格は29万9200円(税込)。法人向けと比べかなりリーズナブルな価格設定だ。加えて補助金も交付される。自治体によって異なるが、経産省から2万3000円、東京都では約3万6000円の補助が受けられるため、東京都在住者は約5万9000円の補助金交付額となる。つまり、実質24万円ほどでの購入が可能となるということ。ガソリン車の原付一種とほぼ同等の価格帯となるため、補助金制度はユーザーにとっては購入決断の強力な後押しとなる金額と言える。年間販売台数は3000台を見込んでいる。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...