ニューモデルヤマハ

フルモデルチェンジを行った「NMAX ABS」を発売開始
ヤマハ国内モデルとして専用スマホアプリに初対応

公開日: 2021/06/02

更新日: 2021/06/02

 ヤマハは5月20日、エンジンやフレームなどフルモデルチェンジを行った原付二種スクーター「NMAX ABS」を、6月28日より発売することを発表した。

「NMAX ABS」は通勤や街乗りなど、市街地の移動における快適性を追求したシティコミューター。EURO5に適合し、濡れた未舗装道路などでも滑らかな発進性と走行性をサポートする「トラクションコントロールシステム」を採用した、水冷124cm3の “BLUE CORE"エンジンを搭載している。

ヤマハ国内モデルとしてスマホ専用アプリに初対応

スマートフォン用専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」

 同モデルは、着信通知確認や燃費管理が可能なスマートフォン用専用アプリ「YAMAHA Motorcycle Connect(Y-Connect)」にヤマハ国内モデルとして初対応。電話やメールの着信、スマホの電池残量を車両メーターに表示できるだけでなく、スマホ画面でエンジン数や燃費、車両位置情報の確認が可能。さらに、オイルやバッテリーの交換時期にアナウンスも行ってくれる。

 また、機能面では静かなエンジン始動と再始動を可能にする「Smart Motor Generator system」や、低燃費に貢献する「アイドリングストップシステム」を採用。さらに、新設計フレームを搭載し、ハンドリングと接地感を向上させている。

 デザインは"Prestige Confidence"をコンセプトに、いままでのスタイリングは継承しつつも、より上質でスタイリッシュになっている。

カラー&主要諸元

 カラーはホワイトメタリックB(シルバー)、パステルダークグレー(グレー)、マットダークグレーメタリック8(マットダークグレー)、マットダークパープリッシュブルーメタリック5(マットブルー)の4色展開となっている。

主要諸元
全長:1,935mm 全幅:740mm 全高:1,160mm 軸間距離:1,340mm シート高:765mm 最低地上高:135mm 車両重量:131kg 原動機種類:水冷4ストロークSOHC4バルブ  気筒数配列:単気筒 総排気量:124cm3 最高出力:9.0kW〈12PS〉 / 8,000r/min 最大トルク:11N・m(1.1kgf・m) / 6,000r/min タンク容量:7.1L 変速装置:Vベルト式無段変速 タイヤサイズ(前 // 後):110/70-13M/C 48P // 130/70-13M/C 63P フレーム形式:バックボーン

メーカー希望小売価格

「NMAX ABS」
368,500円 (本体価格 335,000円 消費税 33,500円)

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...