業界トピック56design

デパートでバイクウェアを買う!?
「56design Tokyo」が西武渋谷店にオープン

公開日: 2021/06/30

更新日: 2021/07/01

 バイクウェアを買う時、どこに行くだろうか。多くの人は、バイク用品店や二輪販売店に行く、と答えるだろう。これは、バイクに乗っている人にはごく普通のことで、これを疑問に感じる人はほとんどいないのではないだろうか。

 しかしこの春、そんな今までの当たり前を当たり前ではなくした店、「Motorimoda株式会社が運営する「56designTokyo」が西武渋谷店にオープンした。

 同店が入店する西武渋谷店B館6階は、メンズウェア&アクセサリーのフロア。同じ階には、「ブルックスブラザース」「ラルフローレン」などの老舗アパレル店、バッグやアクセサリーの「トゥミ」、「ゼロハリバートン」「サムソナイト・ブラックレーベル」など、一般的にも知られたブランドが並ぶ。その一角に、バイクウェアやグッズを扱う店がある。一般の店舗とバイク関連店舗が並ぶ光景は、あまり見た記憶がない。

 店内には、56designのアイテムがフルラインアップ。コンセプト車両も展示されている。また、56designが取り扱うイタリアブランドのrizoma、SPIDI、XPOブーツ、BREMAも展示販売されている。特に、SPIDI、XPDブーツ、BREMAについては、千葉県にある56design本店よりも充実したラインアップになっているという。

「渋谷という立地にあることから、仕事帰りに買い物に来られるお客様が多く見られます。デパートでバイクのジャケットが買えるということに驚かれる方もいらっしゃいます」(56design)

 同社以外では、クシタニが神奈川県横浜市のショッピングモール「マリン&ウォーク ヨコハマ」内に「パフォーマンスストア横浜店」をオープンさせている。前例があるので、このような展開は今回が初めてということではない。しかしより一層、バイクがライフスタイルに溶け込んでいければ、こういう事例が今後増えてくるはず。また、そうなることに期待したい。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...