Youtube動画インプレ試乗インプレ試乗小林ゆき

スズキ「アドレス110 試乗インプレ」前編 ~スペシャルエディションカラー!14インチ大径ホイール!衝撃の安定感!~

公開日: 2021/09/16

更新日: 2021/09/23

原付二種スクーター「アドレス110」にスペシャルエディションとして「特別色」を設定して8 月6 日に発売。
小林ゆきさんが試乗インプレを行いました。
まずは試乗インプレ前編です!
(動画は最後にあります!)

エンジンをかけてスタート!

駐車場を出て、右に左に極極低速で走り始めると、「おお!」っと感動!
小林ゆき用語的には「とっつきインプレ」と言っていますが、その”とっつき”がめちゃくちゃいい!
安心感の塊!!

エンジンは110ccで4ストロークの単気筒。
ザ・実用スクーターという感じでシンプルな装備、そしてスポーティーさを保ったモデルとなっています。

装備重量は100kg。
PCXやNMAXと比べたら、全然軽いんです。
とても軽いと、ふらつくんじゃないかと思うかもしれませんが、まさにそこが、ファーストインプレッションで度肝を抜かれたところ。
めちゃくちゃ安定しています!
安定感すごい!!

時速15キロくらいまでは、本当に優しいエンジンの出力特性。
つまり、パワーは抑え気味で優しく発進するんです。
パワーがかかってない状態だとバイクはふらつきやすいんですが、軽いからフラフラするというのもありません。
ドッシリ感すらあるような、そういった安定感です。

郊外で、アスファルトのパッチが多くガタガタしているようなところでも快適に走れるのが、このアドレス110。
ホイールが大径化し、前後14インチとなっています。
元の12インチの方が格好良く、収まりも良くてコンパクトに見えるんでしょうけれども、そこを大径化したというのが、走りの快適さや燃費にも関わってくるのではないでしょうか。

特に走りの方ですね。
大径化することによって、モーターサイクルライクな、跨って乗るバイクのようなハンドリングを生んでいるようです。
ちょっとガタガタしたところでハンドルを取られるようなシーンでも、フロントタイヤは特に、小さいホイールと比べて格段に快適になっているように感じます。

次に、エンジン。
30km/hあたりから上で、しっかりとしたトルク感がモリモリ出てくる感じが、すごく伝わってきます。

音を聞くと、結構ライダーから遠いところにエンジンがあるような感じがします。
そして、音は静かなんですけれども、結構低い方にフィットさせている感じがしますね。

バックミラーは結構シンプルな感じで、張り出していません。
絶妙な角度になっていて、ミラーの拡大率のせいなのかもしれませんが、結構がっしり広めに見えます。

そして、ちょっと寄り道。

木更津の「三好屋」さんで、豆大福と、きな粉こしあんを購入。
その場で早速いただきます!
大きくて、あんこもたっぷり。めっちゃおいしい♪
ごちそうさまです♪

シート下には、フルフェイスヘルメット+αを収納できるスペースがあるので、お土産もシート下にバッチリ入りました!
ちょっとしたお買い物なら全く問題ありません。

【アドレス110公式ページ】
 https://www1.suzuki.co.jp/motor/lineup/uk110nmm2/?page=top

【豆大福購入店「三好屋」さん】
 https://tabelog.com/chiba/A1206/A120602/12007514/


◆ライダー:バイクジャーナリスト 小林ゆき(身長160cm)

【略歴】横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。

小林ゆきブログ→http://yukky.txt-nifty.com/bikeblog/
Twitter→ https://twitter.com/yukky_rt
Kommonちゃんねる→https://www.youtube.com/channel/UC2Wn_ijZeK-dnilsWUDlAPg

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...