オイル旧車

旧車愛好家にオススメ!ペンシルベニア産オイルを使用した「PENNGRADE1」

公開日: 2021/11/29

更新日: 2021/12/06

ユーザーは愛車のエンジンオイルをどのように選択するのか?ベテランライダーを除き、大多数がプロショップや量販店任せでないだろうか。

新車を購入し、ディーラー推奨の純正オイルを定期的に交換していれば問題は起こらない。しかし、これが現在ブームの旧車となると状況は異なってくる。ヴィンテージ、つまり中古車のエンジンは走行距離や保管状態によってコンディションが様々。プロショップの貴方が推奨するオイルが、ユーザーのエンジンコンディションを左右する可能性もある。

高額な化学合成油を使用していれば安心、とはいかないのが旧車の難しいところだ。むしろ、高性能な化学合成油は旧車に適さないという話は以前からユーザー間で囁かれている。化学合成油は低フリクションで過酷な環境でのエンジン潤滑に優れている反面、シール類を優れた浸透性ゆえに攻撃してしまい、オイル漏れを誘発することがある。更に低フリクションが仇となり、スタータークラッチを滑らしてしまい、始動困難となるケースもある。これらの原因全てがエンジンオイルであるか否かの議論は別としても、1パーセントでもトラブルの可能性があれば、高価な旧車ユーザーは敬遠したいものである。「旧車エンジンには鉱物油ベースの高性能オイルを」。現在はこの考えがスタンダードになっているのだ。

潤滑油のベースオイルとして最適と認識されてきた、ペンシルベニア産で緑色をしたパラフィン系の原油。世界的に化学合成油の需要が傾く中で、この原油を使用したオイルは、クラシックカー、ヴィンテージモーターサイクルのユーザー層から絶大な支持を受け続けている。
潤滑油のベースオイルとして最適と認識されてきた、ペンシルベニア産で緑色をしたパラフィン系の原油。世界的に化学合成油の需要が傾く中で、この原油を使用したオイルは、クラシックカー、ヴィンテージモーターサイクルのユーザー層から絶大な支持を受け続けている。

そこでお勧めしたいのがPENNGRADE1(ペングレード1) である。二輪用に発売されているV24-Stroke High Performance Motorcycle Oilは部分合成油。優れた粘着力でコールドスタートや高回転時の負荷からエンジンを守る。注目すべきはそのベースオイルの鉱物油の信用性と長い歴史にある。

1800年代後半のオイルラッシュ。生成技術が未熟だったその時代に、高品質な潤滑油が得られたペンシルバニア産オイルは、その鮮やかな濃いグリーンの色からグリーンオイルと呼ばれた。長い間BRAD PENN(ブラッドペン)として発売され、現在に至るまで多くのレースシーンでも活躍してきた。

いかに優れた添加剤をブレンドしても、ベースオイルの性能が低ければ十分な特性を発揮することできず、オイル寿命は短い。ペングレード1は言わばペンシルベニア産グリーンオイルと添加剤の「長所」のブレンドオイルである。なぜこのオイルが旧車に良いのか、それはこのグリーンオイルには、ZDDP(亜鉛・リン等)と呼ばれる耐摩耗成分が多く含まれている。最近のオイル規格は環境重視のため、このZDDPの含有率が低い傾向にある。また現行車は旧車に比べ耐摩耗性などが格段に進化しているため、問題は無いが旧車は、使用している設計やメタル材質が古いので、ZDDPの含有率が高いオイルを使った方が、よりエンジン内部の摩耗が抑えられ、寿命も延びる事に繋がるというわけだ。

ファーフィールド 遠藤 誠司 代表


貿易業で様々な国との取引でペンシルベニアのオイルと出会い起業して15年。近年の旧車ブームで二輪四輪問わずオイルに拘りを持つSHOPが増えたそうだ。

人気記事ランキング

「BDSバイクセンサー真夏の祭典」開催決定のお知らせ

2022年8月21日(日)、バイク検索サイト「BDSバイクセンサー」を運営する株式会社ビーディーエス「柏の...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


大寒波が日本を襲う!ラニーニャ現象のメカニズムとは?

「この冬はラニーニャ現象の影響により寒さが厳しくなるかもしれません」。これは、11月~12月にかけて...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...