Youtube動画インプレ足つきインプレ試乗インプレ試乗

HARLEY‐DAVIDSON新型「スポーツスターS」インプレ。けっこう軽い!

公開日: 2021/12/30

更新日: 2022/01/07

ハーレーダビッドソンジャパン株式会社は、全く新たなスポーツ・カスタム・モーターサイクル「スポーツスターS(Sportster S )」を新発売。小林ゆきさんがインプレしました。

まずは、足つきからチェック。
身長が160センチの小林ゆきさんが跨ってバイクを起こしてみると…
「結構軽いっ!」
ハーレーの他の大きなモデルは重量があって、なかなか腕の力では起こせないよと感じるものも多かったんですが、このスポーツスターSは、左足と腕の力で起こした感じとのこと。

無事起こせたので両足を下ろしてみると…
左右指先ツンツンです。
でも、片足をステップに乗せると、もう片方の足は親指の付け根までつくことができました。

ライダー目線で見ると、コンパクトに感じます。
横から見ると、全体像はすごく立派に感じるんですが、そのギャップがたまらなく面白いと思います。

取り回しはどうでしょうか。
ハーレーの中では軽くて、見た目ではだいぶハンドルもシートも低くなっているので、取り回し楽なんじゃないかなと思いますが…。

早速起こしてみると、今までのハーレーとは全然違う軽さを感じます。

いざ取り回しをしてみると、フォワードコントロールのステップ位置が、初心者の方にも有難い感じになっています。
座る位置の下あたりにステップがあると、どうしても取り回しをするときに足が当たったりするんですが、全く影響がありません。

続いてハンドルを左へフルに切ってバックしてみます。
体は少し前の位置に行きますが、それでもステップにはほぼ干渉しません。
自分の重心位置とバイクのバランスがとりやすい位置は、だいぶ前ですね。

今度は前に押してみます。
一生懸命押さなくても、横に立って少し手で力をかけてあげれば、すすっと前に進みます。
ホイールベースが結構あるので、最小回転半径はソコソコありそうですが、ハンドルはだいぶ切れるので、小回りもある程度できるかなと思います。
そのため、大型バイクに初めて乗るという方でも不安は無いのではないでしょうか。



では、実際に試乗してみましょう。
このモデル、今回、エンジンやフレームなど、何もかも新しくなっているとのことです。

今日は都心を走行してみます。
軽量でキビキビした走りを楽しむのにふさわしい場所ではないでしょうか。

新しくなったエンジンは、ハーレーらしいツインドコドコ感を残しつつ、どこかちょっとメカニカルな部分の繊細さというのを感じます。
シフトペダルの感じは、ちょっとストロークが短いかつ軽い感じです。

ライディングポジションは、160cmで手足短めの小林ゆきさんの場合、できるだけシートの前に座る感じ。
そこまでのキツさは無いので、身長低めの方でも容易に操れるポジションではないかな、と思います。

曲がる動作にしても、視線を向けた方に自然に曲がっていくという雰囲気です。
腕にも足元にも何か力をかけて曲がるとかそういう感じは一切無く、自然に曲がりたい方にスッと入っていきます。
ホイールベースはもちろん長いんですが、そう感じさせないのがスポーツスターらしさというところでしょうか。

モード切替も可能。
スポーツモードは、明らかにトルクの出方が違い、最初からドンッという感じ。めちゃくちゃ楽しい!
レインモードでは、パワーが抑えられているだけでなく、トルク感を保ったまま穏やかになっている感じです。

大型二輪免許を取ったばっかりだよという方や、小柄なライダーさんで、ちょっと大きなバイクを躊躇しているという場合でも、とっつきがめちゃくちゃイイので、末永く乗れそうですよ!

人気記事ランキング

「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


3代目500円硬貨、浸透には時間が必要?SNSでは「使えない自動販売機が多い」との声が多数

昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


大寒波が日本を襲う!ラニーニャ現象のメカニズムとは?

「この冬はラニーニャ現象の影響により寒さが厳しくなるかもしれません」。これは、11月~12月にかけて...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


SNSで情報拡散し人気上昇のスペイン発「レオンアート」。原二なのにブレイクアウトより大きい!

125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


SE Ranking