コラム缶コーヒー

缶コーヒーの売り上げが2017年より低迷
その背景には、ある商品の登場が関係していた!

公開日: 2021/07/28

更新日: 2021/08/03

 日本独自の進化を遂げ、ライダーにとっても身近な存在になっている商品がある。缶コーヒーだ。特に外国人からは「缶なのに美味しい」「自分の国のものとレベルが違う」など、高く評価されている。そんな缶コーヒーだが、近年売り上げが低迷していることをご存じだろうか。今回は、その考えられる要因について見ていく。

 このテーマを聞いて、多くの人がまず思い浮かべるのは、"コロナによる影響"ではないだろうか。けれども、実は2017 年頃から缶コーヒーの売り上げは減少しているのだ。全日本コーヒー協会の「日本国内の嗜好飲料の消費の推移(2020年11月10日更新)」によると、缶コーヒーの消費量は1990年を100(単位:千㎘)とすると、2017年は90、2018年は80、2019年には73と大幅に減少。ちなみに、缶を含むコーヒー飲料全体では2017年が138なのに対し、2019年は146と増加している。

 では、2017年に何があったのだろうか。「セブンカフェ」や「ファミマコーヒー」などの"コンビニコーヒー"は、2012年末から既に発売を開始。挽きたての香り高いコーヒーが飲めることから、いまでは定番の商品となっている。ただ、上記のデータによると2012年の缶コーヒー消費量は95で、2013年~2016年までは94で推移。そのため、コンビニコーヒーの登場によって、売り上げが低迷したとは考えにくいのだ。

 この結果を踏まえ、コーヒー業界で2017年に何が起きたのかを調べてみると、現在、コンビニコーヒーと同様に身近な存在になっている、ある商品が発売されていたことが分かった。サントリーのペットボトルコーヒー「クラフトボス」だ。同商品は、登場からわずか9ヵ月で1000万ケースを売り上げ、他メーカーも販売するようになった。前述の通り、缶コーヒーの消費量は2017年から大幅に減少している。そのため、多くのユーザーが缶からペットボトルにシフトしたと推測できるのだ。

 ではなぜ、ペットボトルコーヒーが支持されるようになったのか。その背景には、コーヒーの楽しみ方の変化がある。缶コーヒーの内容量は190~250mlが一般的。これはマグカップ一杯分に相当する。味わいながらその場で飲み切るのが普通であり、そこには量を飲む感覚はない。けれども、500mlのペットボトルに入ったコーヒーが登場したことで、コーヒーの楽しみ方に対する概念が変わった。「コーヒーも炭酸飲料のようにがぶ飲みしてもいいんだ」という感覚が一般化したのだ。また、そこにはペットボトルだと「その場で飲み切らなくてもいい」「好きな時に好きなだけ飲める」という簡便性も影響している。

 では、このまま缶コーヒーは衰退していくのかというと、そんなことはない。昨年ダイドーから発売された「鬼滅缶」は、累計1億本の売り上げを記録。また、小休憩で飲み切れるという特長から、一服ついでに飲む人が一定数いる。そのため、缶コーヒーが日常生活から姿を消すことは当分ないだろう。売り上げ回復に向け、新商品やデザイン缶の発売など、各メーカーは日々挑戦し続けている。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...