パーツ・工具ウェア・用品類

バイク用インカム、何を選ぶべきか? 耐久性や音質レベル、どれをとってもプレミアムな“Cardo”

公開日: 2023/03/30

更新日: 2023/04/04

「バイクは会話ができない乗り物」――。それが当たり前だった時代は既に遠く、10年程前から現在に至るまで、バイク用インカムの国内シェアは年々拡大している。

廉価な製品まで入れれば、一体何機種が販売されているかは把握しきれない。また、量販店などで取り扱っている商品に絞れば、故障や保証などで悩まされることはないのが現状だ。しかし、ハイクオリティな「プレミアム・インカム」を選ぶのなら、Cardo(カルド)一択しかない。

Cardo社は、開発拠点をイスラエルに置くオートバイ用ワイヤレス通信のマーケットリーダー。商品は世界80カ国以上で販売され、Schuberth、Ducati、BellなどへOEM供給している。2004年に世界で初めてオートバイ用インカムを発売。カルドは常に新しい技術を導入し進化を続け、世界中のライダーにインカムを浸透させることに成功する。

ハイエンドオーディオブランド・JBLと共同開発で手掛けたプレミアムな音質

2022年に発売された最新モデルのPACKTALK EDGE。アンテナを内蔵し、よりスタイリッシュになったモデルが話題を集めている。第2世代DMC(ダイナミックメッシュコミュニケーション)は世界最高峰のバイク用インカムの通信を更に改良、最大15人のライダーが、クリアな音声で通話できるのだ。しかも最大通話可能距離は1.6キロにおよぶという。Bluetooth5.2は省エネでクリアな音声を約束し、他メーカーとも簡単に繋ぐことが可能となった。仮にツーリング仲間に別ブランドのインカムを使用している仲間がいても、Bluetoothでメンバー1人が繋がれば、DMCメッシュの輪の中に入れてあげることができる。

精密機器でありながらIP67(防水規格)相当の性能を持つ為、1mの水槽に30分沈めても浸水しない程度の防水力を備えている。トップモデルのPACKTALK EDGEを例に挙げると、細かい進化に隙はない。スマホで完全にコントロールできるアプリや、タイプCのUSBに変更されるなど利便性も大幅に向上している。

そしてCardoがプレミアム・インカムたる所以が、ハイエンドオーディオブランド・JBLとの共同開発である。民生機器から、映画館やスタジアム、コンサートホールといった大規模な放送用機器、放送局やスタジオの業務用機器まで手掛けるJBLの技術は、Cardoの製品とライダーの「音の世界」を劇的に変えてしまった。この音質レベルに追従できる他社製品は存在せず、Cardoの地位を不動なものとしている。

「バイクは会話ができない乗り物」。確かに、それを美徳とする考えもあるかもしれない。しかしCardoの進化を辿っていると、そこには「決して進化を止めない」トップブランドのプライドを感じることができる。苦手意識があるベテラン世代であっても、ごく普通に使いこなす姿が多く見られるのも、この製品の特長。豊富にあるラインアップから用途に合った商品を見つけることができるはずだ。決して進化を止めない、ユーザーにおすすめするべき筆頭ブランド、それがCardoなのだ。

Cardo Systems - 簡単につながる次世代インカム

簡単につながる次世代インカム

Cardo Systems - 簡単につながる次世代インカム

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


Ninja40周年を記念した4モデル登場!

カワサキモータースジャパンは2月8日、お台場防災公園(東京都)で「Ninja 1000SX」「Ninja ZX-10R」「N...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


KAWASAKI「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」足つきインプレ!

カワサキのニューモデル「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」の足つきチェックを、「Ninja ZX-25R」オーナの小...


【2023年上半期総まとめ】新車・中古車販売で国内4メーカーが苦戦する中、輸入新車は前年同期比プラスに

コロナ禍以降、注目を浴びて好調に推移していた二輪車の販売台数。今年はどうなっているのか。2023年も...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


ステマ規制で何がどう変わる? 「口コミ」のやらせ投稿は景品表示法違反に

10月1日より、ステルスマーケティングは景品表示法の規制対象となった。いわゆる「ステマ規制」だ。「消...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


驚異的なA.S.H.製ハイスペック・エンジンオイル

ネームに信用力があるメジャーブランドに対し、「もう一回使いたい」と思ってもらえるだけの性能を持っ...