ヤマハニューモデル

“Neo Retro”スタイルの「XSR125」登場。ターゲットは、初めてバイクに乗る大学生

公開日: 2023/11/17

更新日: 2024/02/20

ヤマハは11月15日、茂原ツインサーキット(千葉県)で原付二種クラスのスポーツバイクシリーズ「XSR125」「MT-125」「YZF-R125」「YZF-R15」、計4モデルのプレス試乗会を開催した。

開発コンセプトは「Arouse One’s Freedom(自由を呼び覚ませ)」

開発コンセプトは「Arouse One’s Freedom(自由を呼び覚ませ)」
開発コンセプトは「Arouse One’s Freedom(自由を呼び覚ませ)」

大阪・東京・名古屋モーターサイクルショー2023で日本初公開となった“Neo Retro”スタイルのXSR125は、「Arouse One’s Freedom(自由を呼び覚ませ)」をコンセプトに開発された、XSRシリーズの新モデル。水冷SOHC4バルブエンジンを搭載し、様々なシーンで充実の加速性能を発揮する。また、アシスト&スリッパークラッチを採用。加減速時にストレスの少ないシフト操作を実現し、快適な走行性をライダーに寄与する。

さらに、インナーチューブ37mm、ストローク130mmのショック吸収性能と、剛性に優れた倒立式のフロントサスペンションを搭載。他にも、アーム長とのバランスを図った軽量アルミ製リアアーム、トレッドパターンのワイドなリアタイヤ(140/70-17)などを組み合わせることで、軽快なハンドリング性能を実現している。なお、トラクションコントロールが装備されていない点は、XSR125の特徴となっている。

125ccシリーズ投入の背景とは?

125ccシリーズ投入の背景とは?
125ccシリーズ投入の背景とは?

125ccシリーズ投入の背景について、ヤマハ企画推進部の武田知弥さんは次のように説明する。

「今回、若いライダーを取り込むために4機種の導入に至りました。全モデルに共通しているターゲットは、初めてバイクに乗る大学生です。お客様によって趣味や嗜好、使い方が異なることを踏まえ、複数モデルを用意。まずは、通勤通学などの用途からオートバイの世界に入っていただき、徐々にステップアップしつつ、自分の世界を広げて欲しいと思っています」

XSRは12月8日より発売を開始。カラーは「シルバー」「ライトブルー」「ブラック」「オレンジ」の4色展開。メーカー希望小売価格(税込)は50万6000円。国内年間販売計画は3000台。

小林ゆきさんによるXSR125試乗インプレ

小林ゆきさんによるXSR125試乗インプレ
小林ゆきさんによるXSR125試乗インプレ

XSR125はタンクの大きさがあるので、125ccというと小さいかもと思うかもしれませんが、大柄と感じるくらいのポジションでした。走ってみると、足回りの方からどっしり感があり、非常に素直なハンドリングも感じました。また、エンジンは本当にトルクフルで、スロットルにリニアに反応するため、乗っていて楽しかったです。ディテールはかなり作り込まれていますが、カスタムもできそうなので、自分なりに楽しめるモデルだと思います。



ヤマハ記事一覧ニューモデル記事一覧
その他のインプレ記事も盛りだくさん。

SE Ranking

人気記事ランキング

バイクのある生活を、若者はこう考える!!

いま、二輪業界は「若者のバイク離れ」という問題に直面している。これについては、言葉通り「若者がバ...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


保有台数や世帯普及率に見る二輪業界の現状

新車供給が8~9割の水準に回復したことで、中古車相場も適正化に向かい始めた。その結果、コロナバブル...


原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...