ヤマハ試乗インプレ小林ゆき動画

YAMAHA新型「XSR125ABS」試乗インプレ編!

公開日: 2023/11/23

更新日: 2023/12/06

ヤマハが新型4車種のメディア向けサーキット試乗会を開催。今回は、12月発売のニューモデル「XSR125ABS」をバイクジャーナリストの小林ゆきさんがサーキットで試乗インプレを行いました!

スポーティなハンドリング!

スポーティなハンドリング!
スポーティなハンドリング!

数周していますが、非常にとっつきの良さを感じております。とても素直なハンドリングで、特にタイヤのリア周りがしっかり支えてくれているようなコーナリング。サーキットなので、ついつい攻めそうになるんですが、あえて高めのギアでゆるゆると走っています。

XSRというバイクは結構前から発表されていたんですが、いよいよ発売ということで初めてまたがっております。これまでR-15/R-125とMT125、XSRと3兄弟で出ていますが、XSR125はハンドルが広く設定されていて、ストリートファイター系というかオフロードの設定ではないということ。スポーツバイクのハンドルの高さと、広いハンドルによってタイトなコーナーもしっかりハンドルで支えながら走れています。

125ccは車格を気にする方も多いと思います。特に男性の方だと小さすぎないのか気になるところではあると思いますが、足元はスポーティーさを失わず、窮屈でない、ちょうどいい塩梅のところにステップが設定されているので、一般的な175cmの男性ライダーでも乗りやすそう。

そして、タンク周りを結構作り込んだということで、私は手足が短いのでタンクそのものが挟めないんですが、一般的な足の長さであればちょうどタンクのサイドあたりをニーグリップで挟み込めると思います。

さて、肝心のエンジンはというと、スペックだけ見ると250のほうがいいと思う方もいると思いますが、スペック以上のトルクとパワーを感じております。左右にひらひら走っていますが、スロットルに対してレスポンスも非常にリニア。コーナリングの時に少しスロットルの開け閉めをためらっても思いのままに操れる楽しさを感じております。

低回転でも優秀な走り!

低回転でも優秀な走り!
低回転でも優秀な走り!

今回、エンジン7000回転あたりで元気よく走れるような装置が付いているということで、ギアを下げて回転を上げて走っています。XSRは1万回転でレッドゾーンなんですが、昔のキャブレター車のような5000~6000ぐらいで息継ぎとかそういったことはないですね。切り返しでひらっと入った時の落ち着き方が非常に楽しいですね。

サスペンションはやはりグローバルモデルということで私の体重だと少し硬いんですが、キビキビとメリハリをつけて走ると切り返した時の安定感がすごいです。

続いて、ストリートモードに切り替えましょう。コーナーをあえて4速にして極低回転からどれだけ付いてくか試してみましたが、全然余裕ですね。3000回転ぐらいまで落ちていますが、5速でもギリいけるというね。最近のエンジンとインジェクションの設定は非常に優秀ですね。大事なのは街中でどんなシチュエーションでも意のまま扱えるか。やはり、余裕のある走りに繋がっていきます。

カスタム欲をくすぐる車体!

カスタム欲をくすぐる車体!
カスタム欲をくすぐる車体!

ハンドルの広さと、しっかりとしたタンクの大きさ、長さがあります。125というと小さいかもって思うかもしれませんが、大柄に感じるぐらいのポジションでした。

特にハンドルが凄く独特で、走ってみると足回りの方からどっしり感とそれでいて非常に素直なハンドリングを感じられます。それを支えるエンジンは本当にトルクフルで、スロットルに対してリニアに反応する楽しいバイクでした。

そして、乗っているばかりで改めて気が付きましたが、バイクの造形も楽しいですね! ネオレトロとは言いますけれども、色々作り込みがされていて、眺めるのが楽しいです。全部で4種類の色から選べるといことで、今回は赤が目の前にあります。タンクには「125」とデザインされた数字が入っていますが、これすらも格好いいですね。自分なりにカスタムができそうな作りになっているので、色々作り込む楽しみもあるんではないかな。

名前の通り、ヤマハのかつて人気があった“XS”というバイクと、一大カスタムブームを巻き起こした“SR”の流れを汲んでいるものですから、そういった楽しみが非常に皆さんの所有欲をくすぐるのではないかなと思いました!

【小林ゆきさん略歴】
横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。
◎小林ゆきブログ
◎X(Twitter)
◎Kommonちゃんねる

カスタム欲をくすぐる車体!



ヤマハ記事一覧試乗インプレ記事一覧
その他のインプレ記事も盛りだくさん。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


Ninja40周年を記念した4モデル登場!

カワサキモータースジャパンは2月8日、お台場防災公園(東京都)で「Ninja 1000SX」「Ninja ZX-10R」「N...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


KAWASAKI「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」足つきインプレ!

カワサキのニューモデル「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」の足つきチェックを、「Ninja ZX-25R」オーナの小...


【2023年上半期総まとめ】新車・中古車販売で国内4メーカーが苦戦する中、輸入新車は前年同期比プラスに

コロナ禍以降、注目を浴びて好調に推移していた二輪車の販売台数。今年はどうなっているのか。2023年も...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


ステマ規制で何がどう変わる? 「口コミ」のやらせ投稿は景品表示法違反に

10月1日より、ステルスマーケティングは景品表示法の規制対象となった。いわゆる「ステマ規制」だ。「消...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


驚異的なA.S.H.製ハイスペック・エンジンオイル

ネームに信用力があるメジャーブランドに対し、「もう一回使いたい」と思ってもらえるだけの性能を持っ...