カスタムカワサキ

Zのリプロパーツでユーザーに愛され続けてきたドレミコレクションが、Z900RSのオーナーに新たな可能性を提案。

公開日: 2020/10/22

更新日: 2021/07/20

 大ヒットモデルとなったKAWASAKI Z900RS。その躍進の理由の一つはカスタムパーツの豊富さ。Z1仕様の外装に続き、Z1R、ローソン、Z1000MKⅡ、ニンジャ。ドレミコレクションは、14ℓインナータンクを用いた外装キットで計5種類の名車の姿にZ900RSを変貌させることができる。

Z900RSのパーツ販売状況は海外6割、国内4割合

写真左から、NINJA、MKⅡ

「2017年の東京モーターショーでZ900RSの発表に合わせ、カワサキさんの依頼でZ1スタイルを発表したのが最初です。まず昔のZに乗っていた人に認められるものを作るのが狙いでした。18インチと丸いテールランプと4本マフラー。誰でもわかる形にしました。まずは18インチのホイールでZらしい操舵感を出して、そこから1年ぐらいかけて徐々にパーツを増やしていきました」

 武社長の予想よりも市場の反応は大きく、特にヨーロッパで高く評価された。現在でもZ900RSのパーツ販売状況は海外6、国内4の割合だという。

「海外のライダーが乗れるようマフラーにEマーク(ヨーロッパの検査基準、国内パーツはJMCAの認定済み)をつけて販売しました。キャタライザーが8個もついているんですが、ノーマルマフラーと重量は殆ど変わらないんです。18インチは実際にサーキット走行したらスタンダードの方が速いと思います。でもZ時代のライダーは街乗りならこちらの方が乗りやすい。Z乗りにとって現行の17インチは決して乗りやすくはないんです」

 Z900RSのオーナーはかつてZ1カスタムがそうであったように、ドレミコレクションのパーツを順番に購入しながら、ドレスアップを楽しめるようになっている。

「Z900RSの最大の特長は軽さです。ライダーも高齢化しているので重いZの押し引きが辛くなってきた。アクセルやクラッチなんかも重い。それはそれで楽しめるんですけど『もうZ900RSでいいじゃない』なんていうZ乗りの方もいます。それに高額になり過ぎたZのセカンドバイクとしての需要もあります。正直あんなに高額な車両で出掛けても、盗難やいたずらが怖くて食事もゆっくり食べられない。新しい需要を生み出すという点からも、Z900RSはいいバイクだと思っています」

次なるパーツの製作に取り掛かるドレミコレクション

写真左から、ローソン、Z1R

 大反響を受け、ドレミコレクションは次なるパーツの製作に取り掛かっている。特に注目なのはGPZ900RSニンジャ仕様の外装キット(10月末販売予定)だ。

「この後更に4種類の外装キットの販売が決定しています。試作段階で特に反響があったのがニンジャ仕様。サーキットの試乗テストで「こんなに軽いんじゃ、もう改造ニンジャに乗れないね」なんて話になっていました。パワーはそんなに強烈ではなくても、Z900RSの軽さは何よりですね。何とかコストを抑えて塗装済みで30 万円以下でまとめようとしています。ニンジャもローソンも純正部品が数多く欠品している中、Z900RSの外装キットはリプロパーツとしての需要もある。これまでは時代を先行しすぎて反感も買ったけど、やっとネオクラシックに時代が追い付いてきた気がします。同じカワサキのマシンがベースであれば歴史を継承しているから違和感無く楽しめると思うんです」

株式会社ドレミコレクション代表 武浩

 これまで日本の絶版車シーンを支えてきた、リプロパーツの第一人者。同社の製品はカワサキ社の許可を得ており、ユーザーにとって信用と安心のブランドとして海外でも認知されている。

ドレミコレクション本社
〒712-8043 岡山県倉敷市広江1-2-22
TEL. 086-456-4004 FAX. 086-456-4007

ドレミコレクション東京営業所
〒131-0034 東京都墨田区堤通1-11-23
TEL. 03-5631-8228 FAX. 03-5631-8227
営業時間/ 10:00 ~ 19:00
定休日/毎週土曜日・第二日曜日・祝祭日
および GW、お盆、年末年始休業日

株式会社ドレミコレクション

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...