業界トピックカワサキ

カワサキ、コスパに優れた純正ドライブチェーンキットを発売

公開日: 2021/01/25

更新日: 2021/07/26

 バイクを安全で安心な状態に保つには定期的なメンテナンス、あるいはバイクの状態に合わせた適切なタイミングでのメンテナンスが欠かせない。

 しかし、部品代や用品代、工賃など、整備をするにはそれなりに費用がかかる。また、どこをどうメンテナンスするのかや、店が繁忙期であれば時間もかかる。これらのことから、ユーザーのためを思ってメンテナンスを進めても、みんながみんな、快諾するものでもない。スリップサインが出ているタイヤのように、すぐに交換が必要というのが一目で分かるものならともかく、そうではないものは「今はお金がないので、また今度」と言われたり、時には露骨にイヤな顔をされてしまったり…。そんな経験を持つ人は少なくないだろう。 だが、だからと言って、メンテナンスしたほうが良いと思われるユーザーのバイクを、そのままにしておくこともできない。消耗部品なら、なおさらだ。交換するだけで正常な状態に戻せるのだから、例え煙たがられてもメンテナンスを勧めている、という販売店の声はたびたび耳にしている。

 そんな悩みを持つ販売店に朗報だ。カワサキから、コストパフォーマンスに優れた『純正ドライブチェーンキット』が発売された。これは、開発段階から厳しいテストをクリアした純正部品がセット化されたもの。適合機種は以下の通り。

■ Z900RS・Z900RS CAFE/メーカー希望小売価格 2万3900円(税別)
■ NinjaH2SX・SE・SE+/同 2万9600円(同)
■ Z900/同 2万3900円(同)
■ Ninja400・Z400/同 1万2500円(同)
■ Ninja1000SX・Ninja1000・Z1000/同 2万500円(同)

「エンジンスプロケット」「ワッシャ」「リアスプロケット」「ロックナット、フランジ」「スナップリング」「ワリピン」「チェーンジョイント」「ドライブチェーン」が一式入って、この価格なのだから、何ともリーズナブル。これなら、ユーザーにも勧めやすいだろう。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...