電動バイククラウドファンディング

今どきのバイク情報は、クラウドファンディングで探す!?

公開日: 2021/06/25

更新日: 2021/06/29

オートバイタイプや大型二輪相当のモビリティなど、ラインアップが着実に増加

「EV車両のバッテリーを世界標準に」

 これは6月3日に開催された自工会記者会見における、日髙祥博副会長(ヤマハ発動機代表取締役社長)の発言だ。

 年を追うごとに存在感を増してきているのが、電動モビリティ。以前は、原付一種クラスのスクータータイプが多かったが、今では、スポーツタイプの車両も市場に出てきている。一例を挙げれば、ハーレーダビッドソンの「ライブワイヤー」。そのほかにも、福岡県に本社がある株式会社MSソリューションズが販売している「ゼロ・モーターサイクルズSR/F」もオートバイタイプの一つ。これは、定格出力40kw最高速度200㎞/hを誇る、大型二輪相当の電動モビリティだ。

 今や、タイプのバリエーションが増えているだけではなく、排気量区分も原付一種を超えるものまでがラインアップされている。では、電動モビリティの情報はどこから入手すればいいのだろうか。例えば、バイク関連サイトや雑誌からも得られるが、前述した先月号の『新商材特集』で紹介した電動モビリティのうち2つは、「クラウドファンディング」を活用している。クラウドファンディングには、電動モビリティの情報が集まっているのだ。

 クラウドファンディングを簡単に説明すると、モノやサービスを提供する人がプロジェクトを立ち上げ、それを欲しいと思う人がプロジェクトの応援というカタチで出資する、というものである。

電動モビリティに関するワードで検索すると、次々と情報がヒット!

参照元:Makuake (https://www.makuake.com/)

 グーグルなどで「クラウドファンディング」を検索すると、「Makuake(マクアケ)」「CAMPFIRE(キャンプファイヤー)」など、複数のサイトを見つけることができる。どのサイトにも電動モビリティに関する情報は、多数掲載されており、検索欄に「電動バイク」と入れて検索すれば、すぐに見つかる。

 試しに、マクアケで「電動バイク」を検索すると8件ヒット(6月7日現在)。仮に検索結果の一つである「MaverickS1(マーベリックS1)」が気になったとしたら、検索画面のマーベリックS1をクリックすることで同製品のプロジェクトページを確認できる。

 そこでは製品の詳細を見られるほか、プロジェクト実行者への質問も可能。検索ワードを「電動モビリティ」「電動キック」などにして検索してみても、電動モビリティ関連の情報が次々ヒットする。電動モビリティに関する情報を探すなら、これまでのバイク関連情報サイトのほか、クラウドファンディングもチェックしたほうが良さそうだ。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...