BDSBDS友の会新型コロナウイルス

BDSグループとBDS友の会が医療従事者を支援。対象者に原付一種・二種バイクの無償レンタルを開始

公開日: 2020/06/19

更新日: 2021/06/18

 BDSグループは5月7日、医療従事者をサポートするために「医療関係者バイク無料レンタル支援サービス」を開始した。これは、新型コロナウイルスと最前線で戦う医療従事者に対し、通勤における「3密」の回避に適した移動手段であるバイクを、最大9ヶ月間無料で貸し出す取り組みとなっている。同サービスは「BDS関東友の会」(長谷川俊幸会長)との共同プロジェクトとして展開。同会員52店はショップでの引き渡し業務を請け負う。

 なお対象者は、病院に勤務する医師、技師、看護師、薬剤師、医療事務関係者など。自賠責保険・任意保険等の費用はBDSが負担し、引き渡し場所までの配送もBASが無料で引き受けている。希望者は 特設ページのフォームから仮登録を行い、緊急性の高いと思われる医療従事者から優先してご案内している。

医療関係者バイク無料レンタル支援サービスの特設サイト。希望者はここから申し込みをすることが可能

 この取り組みに関して、同支援プロジェクトの責任者であるBDSの成島正幸執行役員は「新型コロナウイルスの 終息が見えない状況下で、私たち二輪業界でも何かお役にたてることがないかと考え、このプロジェクトを企画するに至りました」と話す。

 5月4日には緊急事態宣言の延長が発表され、未だに先行きは不透明な状況が続いている。そんな中、支援の輪は、様々な業界で広がりを見せている。BDSとしても、このレンタル支援プロジェクトをはじめとした「BDSグループだからこそできる支援」を続けていくことで、少しでも社会に貢献できるよう努めていく。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...