リモデリングプラスバイク用スニーカーカスタム

合同会社リモデリングプラスが新サービスを展開。履き慣れたスニーカーをバイク用にカスタム

公開日: 2021/09/30

更新日: 2021/10/07

 ユーザーが所有するスニーカーをライディング向けにカスタムしてアップサイクル。そんなサービスを提供しているのが、東京都墨田区にある合同会社リモデリングプラス。今年7月にサービスの提供がアナウンスされ、この9月にスタートした。

スニーカーカスタムの利点は大きく3つ

バイク用に“変身”したスニーカーを持つ関口選手
※撮影協力/株式会社アライモータース A-big Motorrad

 その昔のライディングシューズというと、安全性は一般的なスニーカーと比べると高いものの、距離を歩くのにはあまり適していなかったという印象がある。それから月日が流れ、今ではショッピングモールにバイクで行き、バイクを駐車場に停めて、モール内をアチコチ見て歩いても、スニーカーのように全く違和感なく歩けるモノが、ごく普通にある。これらは、言ってみれば、ライディングシューズがスニーカーに寄せてきている、と考えることができる。

 反対に、スニーカーがライディングシューズに寄せてきていると言えるのが、合同会社リモデリングプラスの提案するバイカーカスタム。ユーザーの履き慣れたスニーカーをライディングシューズとして生まれ変わらせるという新しいサービスだ。

 このスニーカーカスタムの利点は大きく3つ考えられる。それは、履き慣れたスニーカーがベースなので、新しいスニーカーを履くことで起きたりする靴擦れの心配がないこと。2つ目は、2つとして同じものがない、自分だけのカスタムシューズにできること。3つ目は、もともとのスニーカーよりも機能性やファッション性を高めることができる、アップサイクルであるということ。このアップサイクルとは、単に製品をリサイクルするのではなく、付加価値を与えて新しい製品として世に送り出すことである。

 リモデリングプラスはスニーカーのリペア&カスタムを生業とし、サービスを通して『サスティナブルなスニーカーとの付き合い方』を提案する会社なので、もちろん、作りはしっかりしたものとなっている。ソールに使われているのは、イタリアのヴィブラム社が製造する「ヴィブラムソール」。リモデリングプラスの技術とヴィブラムソールによって誕生したのが、バイクに乗る人のために生み出されたバイカーカスタムなのだ。

要望に合わせるオーダーメイドなので、仕様によって価格は変動

履き古したスニーカーをアップサイクル。ギアチェンジのための左足甲部にラバー・パーツを移植。オートバイをよりホールドするために、両足くるぶし内側にもラバー・パーツを移植。ソール全体もヴブラムソールにスワップ。

 気になる値段だが、同社の発表したリリースでは、『1万3000円から』となっている。

「バイカーカスタムは、『シフトチェンジ用左足パッド』が税抜3000円、『両足くるぶしパッド』が税抜5000円、『ソールスワップ(ソールの張り替え)』が税抜1万3000円(取材時は、いずれも暫定価格)。全てを行うフルスペックは税抜2万円です。ただ、ウチは製品を作って販売しているわけではなく、お客様からお預かりしたスニーカーをご要望に沿ってカスタムしますので、そのスニーカーの状態、要望されるカスタム内容によって、価格は変動します。例えば、フルスペックまでは必要なく、シフトチェンジ用左足パッドだけというオーダーでしたら、税抜3000円です。ほかに、ここをこうしたいというご要望があれば、その仕様によって価格は上下します。なので、バイカーカスタムは『この価格です』とは一概には言えないのです」(リモデリングプラス・中村秀幸さん)

 現在は、同社のサイトからのオーダーになるが、今後の展開も思案中だ。

「まだ、プレゼン段階なのですが、もしかしたら二輪用品店の店頭にサンプルを置かせて頂けるかもしれません。また、二輪販売店につきましても、ショップ環境や意向等をリサーチし、特典設計なども考慮した上で、何かしら発表できればと考えています」

リモデリングプラスでは、バイカーカスタムのほか、様々なカスタムも対応している

 まだスタートして間もない「バイカーカスタム」サービスだが、すでに手にしている人がいる。その一人が、MFJ全日本ロードレース選手権にエントリーしている関口太郎選手。上記にあるように、バイク用に生まれ変わっている。

 リモデリングプラス・中村さんの話にもあるように、販売店での展開も視野に入っている。それは、今後のアナウンスに期待するとして、もうオーダーは受け付けているので、ライディングシューズの購入を考えているユーザーがいたら、一つの選択肢として、バイカーカスタムを教えてあげよう。


合同会社リモデリングプラス
URL/https://rmdplus-custom.co.jp/

人気記事ランキング

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...