ニューモデルヤマハYZシリーズ

「YZシリーズ」プレス試乗会をSUGOモトクロスコースで開催。戦闘力を向上させたヤマハのオフロードマシン

公開日: 2021/11/03

更新日: 2021/12/01

ヤマハは10月29日、スポーツランドSUGOモトクロスコースで2022年オフロードコンペモデル「YZシリーズ」のプレス試乗会を開催した。

YZ125は17年ぶりにフルモデルチェンジを実施

Model : YZ125 Rider : 鈴木健二

YZシリーズ22年モデルは、モトクロッサーの「YZ450F」「YZ250F」「YZ250」「YZ125」「YZ85LW」「YZ85」「YZ65」7機種。また、クロスカントリーモデルの「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」4機種を展開。なお、YZ250F/125についてはMonster Energy Yamaha Racing Editionを設定している。

YZ125は17年ぶりにフルモデルチェンジを実施。シリンダーボディやピストン、コンロッドなどのパーツを全て一新し、パワーアップを図った新開発のエンジンを搭載している。また、このエンジンに合わせて、専用のアルミフレームや新設計のブレーキを採用。他にも、極力フラットなシートをはじめ、タンクやシュラウド、サイドカバーの形状をライダーが動きやすい面構成に変更するなど、操縦安定性とコーナリング性能、扱いやすさに寄与する軽量でコンパクトな車体も特長となっている。

デザインは「YZのスピード感を表現する水平基調」「軽快感の資格化」「進化した走行性の視覚化」をキーワードに、先進的かつ機能的なものとしている。

Model : YZ250FX Rider : 鈴木健二

同モデル以外の機種はマイナーチェンジを実施。21年モデルの基本性能を継承しながら、ユーザーの持つ能力を最大化するマシンへと進化している。

特に、YZ250FXは中高速域の出力と低中速域での扱いやすさを向上させたエンジンや、容量が340ccアップした低周波中心のトルクフルなサウンドを奏でるマフラーなどを搭載し、戦闘力を強化。また、スマホの専用アプリからチューニング可能なパワーチューナーにおいて、国内専用セッティングマップを設定。さらに、前後サスペンションを日本のコース環境に合わせ、高い走破性を持ちつつ、長時間乗っても疲れにくいように調整するなど、国内ユーザーのニーズに応えたモデルとなっている。

Model : YZ85LW Rider : 近藤香織

YZシリーズについて、ヤマハGB統括部の小川尊史さんは次のように説明する。

「自分の体格やスキルに適したバイクに乗ることが、成長していくうえで重要です。YZシリーズは日本の環境に合ったモデルも用意しています。海外だけでなく、国内のお客様にも自分の成長をドンドン感じて欲しいです」

同シリーズは10月28日より順次発売を開始。なお、YZ85/85LWは11月30日から。予約受付期間は12月26日まで。価格は表の通り。

人気記事ランキング

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


AJ埼玉は11月3日、さいたま市のファインモータースクール指扇校で「第14回 彩の国 埼玉バイクフェスタ ...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


昨年以降、国内4メーカーの、原付一種を除く昨年以降の新車販売台数は、ほぼすべての月で前年同月比プラ...


やはりヴィンテージハーレーは微動だにしなかった。コロナ禍の影響は皆無に等しく、むしろ上向いている...


ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...