ニューモデルHARLEYDAVIDSON

「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

公開日: 2021/12/20

更新日: 2021/12/30

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom Show 2021」で、日本限定モデル「フォーティーエイト ファイナルエディション(FE)」を初公開した。当日行われたライドインショーでは、HDJの野田一夫代表取締役自らが同モデルに乗って登場。また、7月に予約販売を開始した「スポーツスターS」をはじめ、スポーツスターの初代モデル「1957XLスポーツスター」も披露するなど、会場を盛り上げた。

ホットロッドカスタムショーでの初公開はユーザーへの感謝の気持ちを込めて

ハーレーダビッドソンジャパン 野田一夫 代表取締役

フォーティーエイトは2010年のデビュー以来、1202㏄空冷式Evolution V-Twinエンジン特有の低回転域トルクやサウンド、乗り味などが多くのユーザーに愛され、日本のトップセラーモデルとして地位を確立。今回発表されたFEモデルは、空冷45度Vツインエンジンやピーナッツタンク、ファットタイヤなどの伝統はそのままに、特別パーツとして、シリアルナンバー入りのサイドカバーを追加。他にも、金色スタッズとロゴがデザインされたボバーソロサドルをはじめ、ノスタルジックハンドグリップやエアクリーナーカバー、クラシックタイマーカバーを設定している。

金色スタッズとロゴがデザインされたボバーソロサドル

フォーティーエイトFEについてHDJ広報の才門勇介さんは、次のように説明する。

「まだ販売されていない車両を世界中から集め、HDJが1300台確保し、日本限定モデルとして製造しました。特別パーツも特長的ですが、最大のポイントは『最後の空冷スポーツスター』ということです。長い歴史を締めくくる、ファイナルに相応しいモデルに仕上げられたと思います」

また、初公開がホットロッドカスタムショーだったことについては、ユーザーへの感謝の気持ちを込めてだという。

「このイベントには、熱狂的なハーレーファンが多く集まります。そのような方々に初公開することで、フォーティーエイトを長年愛してくれたことへの感謝の気持ちを込めています。また、社長自らがFEモデルに乗ってライドインショーに登場することで、私たちもハーレーが好きだ、ということをアピールしています」

12月6日より1300台限定で発売を開始

サイドカバーにあしらわれたシリアルナンバー

フォーティーエイトFEは12月6日より、1300台限定で、全国の正規ディーラーにおいて予約販売を開始。メーカー希望小売価格(税込)はカラーによって異なり、ブラックが179万9600円、リーフブルー、ホワイトサンドパールが183万400円。2022年春より順次、納車予定。

フォーティーエイトFEは、日本で多くのユーザーに支持されてきたからこそ実現したモデルなのだ。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...