HARLEY-DAVIDSONニューモデルイベント

新モデル「ブレイクアウト」をジャパンプレミア。特別ゲストに元K-1世界王者の魔裟斗さん登場!

公開日: 2023/02/28

更新日: 2023/03/01

ハーレーダビッドソンジャパン( 以下、HDJ)は1 月26日、代官山T-SITEセンターウッドデッキでニューモデル「ブレイクアウト」を日本初公開した。

モダンチョッパースタイルを採用した新型ブレイクアウトは、前モデルからパワーアップを図ったMilwaukee-Eight™11 7V-Twinエンジン(1923㏄)を新たに搭載し、ハーレー最高峰の排気量とリッチなトルクを実現している。また、タンクはデザインを一新するだけでなく、前モデルから約5L(約43%)増加した18.9Lに設定。燃費計算で航続距離が約100㎞伸びている。

この他、機能面ではクルーズコントロールを標準搭載。さらに、デザイン面では、リアフェンダーサポートやサイドカバー、マフラーシールドなどにクロームを多用し、煌びやかなモデルに仕上げている。

大人なライダーに乗っていただきたい一台

HDJ 野田一夫社長
HDJ 野田一夫社長

記者発表会でHDJの野田一夫社長は、ブレイクアウトについて次のように説明した。

「知的でクールな、周囲から憧れられるような大人なライダーに乗っていただきたい一台です。我々は、世界で最も憧れられるモーターサイクルブランドになる、というキーワードを目標に掲げています。それをさらに進めてくれるのが、新しくなったブレイクアウトだと思っています」


また、記者発表会には特別ゲストとして元K-1世界王者の魔裟斗さんが登場し、野田社長とトークセッションを実施。ハーレーに興味を持ったキッカケや、ハーレーに乗るために大型二輪免許の取得を目指していることなどについて語った。

ブレイクアウトは1月19日より、全国の正規ディーラーで販売を開始している。メーカー希望小売価格(税込)はカラーによって異なり、ビビッドブラックが326万4800円、ブラックデニム、バハオレンジ、アトラスシルバーメタリックが331万9800円。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...