イベントパーツ・工具

【独断セレクト】ライダーにオススメのレース&パーツ4選!

公開日: 2023/06/01

更新日: 2023/06/06

①Vespa GP New Automatic class

スプリント150レーサー。ご覧の通りマフラーはノーマル、スタンドは外す事になっているのでレーシングスタンドを使用。大人の遊びとしてスタイリッシュにカッコ良くキメるのを推奨するVespaGPは、レギュレーションで規定されていないレバーガードやスライダーなどの装着は大歓迎だそうです
スプリント150レーサー。ご覧の通りマフラーはノーマル、スタンドは外す事になっているのでレーシングスタンドを使用。大人の遊びとしてスタイリッシュにカッコ良くキメるのを推奨するVespaGPは、レギュレーションで規定されていないレバーガードやスライダーなどの装着は大歓迎だそうです

今回の「コレいい」は、Vespa GPに新設予定のオートマクラスを取り上げます。VespaGPというレースをご存知ですか? ハンドチェンジ式のミッションスクーターという異色のイタリアンスクーター・ベスパを用い、関東近郊のサーキットを転戦しながら行われるレースです。そのVespaGPに新設予定のオートマクラスです。なんだかちょっと面白そうじゃないですか? 改造箇所を絞ったレギュレーションにより、マシン製作の費用もグッと抑えられるので参戦しやすいところがポイントなのだとか。

具体的には現行ベスパのスプリント150、もしくはプリマヴェーラ150が対象となります。指定タイヤの装着がマストである以外、サスとパッドにマロッシ製なら装着可という簡単なレギュレーションを予定しているそうなんです。これなら中古で車両を手に入れて指定タイヤを履かせれば、あとは基本的な事(ワイヤリング、灯火類へのマスキング、スタンドを取り外すなど)をやるだけで参加OKなんです。確かにこれだけなら、レース参戦へのハードルはかなり下げられたと言えそうです。

いざ走り出してみてからレーシングスピードでの足回りや制動に不満が生じても、マロッシ製に限って交換が認められています。もちろんサーキット走行に必要な装備を揃える必要はありますが、これならユーザーにプッシュして、ショップを挙げて参戦してみるなんていうのも一考と言えそうです。

VespaGP事務局の番頭役を務めながら、現役レーサーとしてトップクラスの走りで魅せる菊地信康さん。自らテスト的な意味でオートマベスパを走らせるも、今後参加者が増えれば意見を聞きながらオートマクラスを盛り上げていきたいとの事です
VespaGP事務局の番頭役を務めながら、現役レーサーとしてトップクラスの走りで魅せる菊地信康さん。自らテスト的な意味でオートマベスパを走らせるも、今後参加者が増えれば意見を聞きながらオートマクラスを盛り上げていきたいとの事です

今シーズンから事務局の菊地さんがスプリント150で、実際にミッションスクーターと混走して多角的に検証しています。参加台数など、条件が揃えば来シーズンからクラスを分けていきたいと事務局は考えている様です。どうやらミッションスクーターで参戦中だったり、過去の参戦者の中にはオートマクラスが気になって、すでに車両を手配したり注文済みの人もいたりするそうです。

「まずは見に来て、興味を高めつつ、どんな事をやってるのかという情報も得ながら、参戦にむけて体制を整えていくのが良作だと思います。Webとかで情報を得て、いきなり始めちゃうのもありはありなんでしょうけど、それよりはまず見に来て、いろいろ情報収集しながら興味と気持ちを高めて参戦するのがオススメですね」と、事務局の菊地さんは言っています。何か気になる事、レースやマシン製作についての質問などがある場合は、お気軽に事務局の菊地さんまで問い合わせてみてください。聞けば、なんでも教えてくれちゃうみたいですよ。

……と言う事で、新しくスタート目前なオートマベスパによるレース。ショップを挙げての参戦について、ちょっと検討してはいかがでしょう?

Vespa GP事務局
TEL:03-3666-1778
Web:http://vespagp.com/

②DAYTONA/パイプエンジンガード(ELIMINATOR/SE)

大きく張り出さす事なく目立ち難いところが魅力
大きく張り出さす事なく目立ち難いところが魅力

ELIMINATOR/SE専用で、フレームデザインをオマージュしたパイプレイアウトを採用して転倒時のダメージを軽減。左右セパレート構造により、マフラーを外さずにボルトオンが装着可能。左右連結ビームにより剛性もUP。φ25.4mmスチールパイプ製なので、クランプを介してアクションカメラなどの装着も可能です。

③DAYTONA/GIVI タンクロックバッグ

簡単に脱着できてDayトリップに持ってこい!
簡単に脱着できてDayトリップに持ってこい!

磁石を使わず簡単脱着でき、イージーロック(車種別アタッチメント/別売)を組み合わせて使用するタンクバッグ。グローブや500mℓペットボトル等を収納可能。上蓋裏のメッシュポケットとコードソリッドが付き、使いやすさと耐久性がアップして再登場となりました。

④DAYTONA/PREMIUM ZONE ハンドルバーエンドプラグ

エッジの効いたカッティング。きらびやかなアルマイトカラーが◎
エッジの効いたカッティング。きらびやかなアルマイトカラーが◎

アルミ無垢素材から、繊細かつ丁寧な加工で削り出されたバーエンドプラグ。デザインはエッジの効いた幾何学模様「TECHNO」、レンガモチーフのブロックパターン「BRICK」、“江戸切子”モチーフのダイヤ形状「KIRIKO」の3種。ベースのブラックアルマイトに全5色のカラーアルマイトを組み合わせ、コントラスト際立つデュアルアルマイト仕上げになっています。

text:隅本 辰哉 Photo:隅本 辰哉/菊地 信康



イベント記事一覧パーツ・工具記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...