ホンダ試乗インプレ小林ゆき動画

HONDA「CL250」試乗インプレ!

公開日: 2023/07/11

更新日: 2023/07/14

昨年11月、正式発表前にメディアへ公開された「CL250」。当時、跨ることができなかった車両に、ついに、バイクジャーナリストの小林ゆきさんが跨り、試乗インプレを行ってきました!

オン・オフ両用車として登場!

オン・オフ両用車として登場
オン・オフ両用車として登場

「レブル」がプラットフォームの車両ですが、全然違うジャンルのバイクとして新しくラインナップに加わりました。ホンダのCLシリーズとは、デュアルパーパスというオン・オフ両用カテゴリーの車両です。

今回シリーズに加わった、CL250もオフロードメインとして開発されたというよりは、普段使いの延長上に、例えばツーリング先のキャンプ場で、最後にダートがある時に不安なく走れるようなことをイメージして作られました。

固めのシートで視線の高さが気持ちいい!

固めのシートで視線の高さが気持ちいい
固めのシートで視線の高さが気持ちいい

現在走っている試乗コースはアスファルトの一般道ですが、第1印象は本当にシンプルでオーソドックスなストリートバイク。

ですが、オフロード寄りの外観ということで、まず気になるのがシート高。790mmということですが、だいぶ起きた姿勢になるように作られているので、視線の高さがとても気持ちいいです。高いところから見下ろしながら走っている感覚になります。

その理由はシートの固さ。見た目はふかふかしてそうですが、実際に座ってみると結構固めです。ライダーが座り込んでも沈み込みがあまりないので、790mmならではの高さを感じます。最近のHONDAはかなりシート開発に力を入れていて、固さや左右エッジのラウンドなど、細部までこだわって作っているので、CL250のシートの固さは、恐らくオフロードも乗れる車両として狙って作られたのだと思います。

エンジンはレブルと共通の、HONDAのオーソドックスな250cc単気筒エンジン。とはいえ、味付けはだいぶ変えてあり、エンジン内部のパーツも違うものを入れていたりするそうなので、ドコドコ感ありきの、トルクフルさを感じます。ダートに行ったらトルクで地面をつかんで蹴り出しそうな感じのエンジンです。

現在、制限速度低めのところを高めのギアで走っていますが、だいぶ粘りのあるエンジンだと思います。足回りはフロントが19inc、リアが17incということで、やや太めのタイヤを履いていて、先ほどカーブした時に、グリップをしっかり感じるハンドリングでした。このタイヤの太さや形状がグリップ感のあるコーナリングに寄与しているのだと思います。

最先端の上質な走り!

最先端の上質な走り
最先端の上質な走り

ストリートスクランブラーとしてオン・オフ両用のジャンルですが、都心のアスファルト道路を走ってみると、非常にオーソドックスな走りでした。250ccであっても、色々な意味でエンジン、足回り、ハンドリングもスゴくシッカリ感があるんですよね。なので、いわゆるモトクロッサーベースの純粋なオフロードを目的としたバイクとはちょっと方向性が違うのかな。どちらかと言えばストリート重視なので、逆に言うとオートバイのベーシックなところが学べそうなバイクでした。パワー感ないんじゃないのとか、トルク感どうなのって疑問に思っている方、排気量の先入観はもう捨ててください! 最先端250ccバイクの一段上質な走りを感じられる1台です。

また、アクセサリーの種類も豊富で、ナックルガードやメーターバイザー、アップタイプのフェンダーなどカスタムする楽しみもあります。そして車体は、シートが固い分、見た目よりもまたがって走っている時の方が断然大きく感じるので、大型バイクを走らせているような感覚になります。アップタイプマフラーや大径フロントホイールなど、今までの歴史を踏まえてスクランブラーのエッセンスは入っていますが、どちらかと言うとストリートでしっかりベーシックで走りそうな1台なので、購入を考えている方はぜひ参考にしてください!

【小林ゆきさん略歴】
横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。
◎小林ゆきブログ
◎Twitter
◎Kommonちゃんねる

最先端の上質な走り



ホンダの記事一覧試乗インプレ記事一覧
その他のインプレ記事も盛りだくさん。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...


「THUNDER MOTORCYCLES」は新規ユーザーを獲得する魅力に溢れている

普通二輪免許区分、特に250㏄クラスに新しい波が起きている。THUNDER MOTORCYCLESが販売する本格的な250...


SUZUKI「eチョイノリ」、電動アシスト自転車と同バッテリー!

10月25日からスタートしたJAPAN MOBILITY SHOW2023で、スズキが原付一種相当のEVスクーター「eチョイノ...