ニューモデルHARLEY-DAVIDSON

普通自動二輪免許で乗れるハーレーダビッドソン誕生。「X350」は70万円を切る競争力の高い価格設定に

公開日: 2023/10/24

更新日: 2023/10/27

ハーレーダビッドソンジャパン(以下、HDJ)は10月18日、軽量都市型コミューターモデル「X350」「X500」のメディア試乗会を開催。また、2日後の20日には、原宿に期間限定でオープン(10月29日まで)した「HARLEY-DAVIDSON X™ Café」で、ジャパンプレミアを実施した。

往年のXR750を彷彿とさせるデザイン

原宿に期間限定でオープンした「HARLEY-DAVIDSON X™ Café」
原宿に期間限定でオープンした「HARLEY-DAVIDSON X™ Café」

X350は、HDJが扱う車両として、史上初となる普通自動車二輪免許で乗れるバイク。水冷パラレルツインエンジンを搭載し、往年のXR750を彷彿とさせるデザインとなっている。シート高は777mm、重量は195kgと、ビギナーや女性ライダーでも安心の取り回しと足つきを実現した、フラットトラッカーだ。

X500もX350と同様に、水冷パラレルツインエンジンを搭載。余裕のトルクと快適なポジションが特徴となっている。車格はX350より一回り大きくなっており、シート高は820mm、車重は208kg。長距離も可能にする快適性と、ハードな走りにも応える高い性能を備えた、新世代アメリカンロードスターだ。

“憧れ”を、より多くの方に、という思いのもと、若いライダーにこそ届けたい

ハーレーダビッドソンXプロダクトチャンピオンの宮中洋樹さん
ハーレーダビッドソンXプロダクトチャンピオンの宮中洋樹さん

同シリーズについて、ハーレーダビッドソンXプロダクトチャンピオンの宮中洋樹さんは、次のように説明する。

「X350とX500は、排気量やデザインだけでなく、車体構成やシャシー、エンジンのパフォーマンス、キャラクターにおいても、まったく異なるモデルです。また、“憧れ”を、より多くの方に、という思いのもと、若いライダーにこそ届けたい。そういった方たちが、手の届く価格でなくてはいけない、という思いから、大胆な価格設定にしています」

年内の初期生産台数は500台。10月20日に行われたジャパンプレミア以前に、すでに約150名の予約注文が入っているという。X350/500は4色展開。メーカー希望小売価格(税込)は、X350が69万9800円、X500が83万9800円。納期は11月末~12月初期を予定している。

小林ゆきさんによるX350試乗インプレ

小林ゆきさんによるX350試乗インプレ
小林ゆきさんによるX350試乗インプレ

エンジンは350ccのツインですが、750ccくらいあるのではないかと思うくらいドコドコ感があり、エンジンフィールもトルクフルで、ハーレーらしさを感じました。中排気量のハーレーってどうなの? と思っている方、かなり満足できるエンジンだと思います。また、足回りやディメンションは、まるでスポーツバイク。そのため、峠道やサーキット走行をはじめ、ジムカーナ的なライディングも楽しめるのではないかと感じました。



HARLEY-DAVIDSON記事一覧ニューモデル記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


現役ライダーにバイクライフやバイクショップとの付き合い方をインタビュー! ~後編~

いまのライダーは何をキッカケにバイクに乗るようになり、どのようにショップと付き合い、どんなカタチ...


ホンダ「NR750」エンジン掛けます!1992年発売国内限定300台!

伝説のバイク「ホンダNR(NR750)」のエンジン音を小林ゆきさんがインプレ!この車両は日本最大のバイク...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...