BDSバイクセンサーHARLEY-DAVIDSON

【ハーレーダビッドソン編】BDSバイクセンサーメーカー別ランキング

公開日: 2023/12/13

更新日: 2023/12/26

BDSバイクセンサーのタイプ別ランキング(ハーレーダビッドソン)では、サイト内のすべてのメーカー・排気量の閲覧数・アクセス数を集計し、最もアクセス数の多かったハーレーダビッドソンのバイクをランキング形式でご紹介! 各車両の解説と価格帯も掲載しているので、最新のトレンドと併せて確認することで、今までとちょっと違った目線で欲しいバイクを探すことができるかも!? ぜひバイク選びの参考にしてみてください。

第1位 XL1200X フォーティエイト

第1位 XL1200X フォーティエイト
第1位 XL1200X フォーティエイト

2010年に登場したハーレーダビッドソンのスポーツスター「XL1200X フォーティエイト」。2022年モデルとして、1300台限定で販売されたファイナルエディションをもって生産終了となったが、長らく“ハーレーダビッドソンの顔”として、絶大な人気を誇った1台。空冷式Evolution V-Twinエンジンを搭載し、特有の低回転域トルクやサウンド、乗り味は多くのユーザーから愛されている。

「XL1200X フォーティエイト」は、ピーナッツタンクをはじめ、そら豆シートやフォワードコントロールステップ、ミラーがアンダーマウントされた低いハンドルなどをバランスよく組み上げた、スタイリッシュなシルエットが特長。また、シート高は660~710mmと足つき性が良く、車重もハーレーのモデルでは軽量なため、初めてハーレーに乗るユーザーや女性ライダーにも乗りやすいモデルとなっている。

BDSバイクセンサーでは、日本のトップセラーモデルとして地位を確立した「XL1200X フォーティエイト」を約130台掲載。ワンオーナー車や走行距離が少ないモデルも多く掲載されているので、ぜひチェックしてみてください!

BDSバイクセンサーで「XL1200X フォーティエイト」をチェック!

第2位 XL883N アイアン

第2位 XL883N アイアン
第2位 XL883N アイアン

2010年に登場したスポーツモデル「XL883N アイアン」。排気量883ccのスポーツスターは“パパサン”とも呼ばれ、扱いやすさと取りまわしやすさもあって、愛好家の多い1台。特に、タンクやフェンダーをはじめ、エンジン、前後ホイール、トリプルツリーまで真っ黒、というブラックアウトされた車体、さらにはウインカー一体型テールランプなど、いまでは珍しいスタイルが人気を博している。

「XL883N アイアン」は、フロント19、リア16インチで組み合わされたタイヤを採用。ミッドコントロール位置のステップやタックロールタイプのシート、前へ手を伸ばすと自然な位置にあるハンドルバーなど、ローダウン仕様のスタイリングも特長となっている。また、“パパサン”モデルで初採用となったテールランプ一体型ウインカーとチョップドリアフェンダーの組み合わせは、同モデルのキャラクターを際立たせている。

BDSバイクセンサーでは、ダークスタイルの先駆者的なモデル「XL883N アイアン」を約130台掲載。ハンドルやバックレストなど、様々なカスタムが施されたモデルを複数台掲載しているので、要チェックだ。

BDSバイクセンサーで「XL883N アイアン」をチェック!

第3位 FXDL ローライダー

第3位 FXDL ローライダー
第3位 FXDL ローライダー

ロー&ロングのスタイルが特長の「FXDLローライダー」。ショベルヘッド時代の1977年に「FXSローライダー」が登場して以降、ハーレーのビッグツインエンジンとスポーティな要素を組み合わせたモデルとして、多くのライダーを魅了し続けている。1987年には「FXLR」が登場。また、1993年にはハーレーとして初となる、コンピューター設計のダイナフレームに空冷Evolutionエンジンを搭載した「FXLF」へと進化を遂げた。その後、1999年に次世代エンジンを搭載した「FXDLローライダー」が登場した。

「FXDL ローライダー」はその名の通り、低めに設定されたシート高が特長の一台。これにより、ライダーはよりローダウンしたポジションで乗車することができ、都市部での使いやすさと長距離移動時の乗り心地の良さを実現している。また、搭載するエンジンは、大排気量でありながらスムーズな加速を実現し、ハーレー特有の重厚な低音を奏でている。さらに、カスタムのしやすさも特長の一つで、お笑い芸人のスピードワゴン井戸田潤さんが所有する、マフラー等をカスタムしたピンク基調のモデルも有名だ。

BDSバイクセンサーでは、基本設計はシンプルながら、足つきの良さや乗りやすさを兼ね備え、多くのライダーによって様々なカスタムが施されている「FXDL ローライダー」を約120台掲載。様々な年式のモデルを掲載しているので、自分好みの1台を見つけよう!

BDSバイクセンサーで「FXDL ローライダー」をチェック!

新車・中古バイク情報なら、BDSバイクセンサー

新車・中古バイク検索サイトのBDSバイクセンサー公式HP。全国のバイクショップから中古バイクの最新情報をお届けします。

BDSバイクセンサー

SE Ranking

人気記事ランキング

Zのリプロパーツでユーザーに愛され続けてきたドレミコレクションが、Z900RSのオーナーに新たな可能性を提案

大ヒットモデルとなったKAWASAKI Z900RS。その躍進の理由の一つはカスタムパーツの豊富さ。Z1仕様の外装...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


KAWASAKI 「Ninja ZX-10R 40thアニバーサリーエディション」を解説!

40周年記念の特別カラーをまとったNinja ZX-10Rを、バイクジャーナリストの小林ゆきさんが紹介。カワサ...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年国内二輪新車総需要 ~原付二種が大躍進し40万台をキープ~

2023年の国内における二輪車の新車総需要は、前年比0.1%マイナスの40万4572台となった。原付一種が10万...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...