JAMA自工会

自工会、100年に1度の大変革を受け、組織変革に着手。二輪部門からは日髙祥博社長が副会長に

公開日: 2020/11/17

更新日: 2022/02/24

オンライン記者会見で、自工会の新組織について発表

 日本自動車工業会(自工会)は9月24日、オンラインで記者会見を開催した。このなかで豊田章男会長は、自工会変革のため、組織改革に着手することを表明し、新組織について発表した。

 新組織では、二輪部門からはヤマハ発動機の日高祥博社長、大型車メーカー代表としていすゞ自動車の片山正則社長の両氏が10月1日、副会長に就任する。これにより、各分野のトップが副会長に就任することになる。

 今回の組織改革について豊田会長は、

「自動車は100年に一度の大変革を迎えているが、これはCASE(社会変化・技術変化)など、幸せな暮らしを実現するための新たなモビリティ社会づくりへの挑戦だ。かつて経済成長やモータリゼーションが進む中、自工会は1967年、諸団体と合流し現在のカタチとなった。そしてオールジャパンで排ガス規制や貿易摩擦など大きな問題を乗り越えてきた。そして新たな変革期を迎えたいま、我々は再びオールジャパンで結束しなければならない」と語った。

自工会新ロゴマーク

 組織の変更点については、トップの理事会の下に常任委員会があり、その下に技術管理委員会、安全・環境技術委員会、知的財産委員会など11の委員会(計12委員会)が組織されていたが、新体制では理事会以下、「次世代モビリティ」「安全技術・政策」「環境技術・政策」「サプライチェーン」「総合政策」の5委員会に再編した。

 これにより、各組織の役割を明確化し、新領域を強化の上、新たな役割に応じて機能の集約と階層の簡素化を行う。また、委員会間の連携を強化して統合的な事業推進を図る。

 また、今回の自工会変革を機に、ロゴマークを刷新した。これは職員の発案によるもので、疾走感をイメージし、大変革の渦中にあるいまを明るい未来に向かって駆け抜けることをイメージしたという。

人気記事ランキング

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...