BDS Report >  タグ「自工会」の記事一覧

タグ「自工会」の記事一覧


自工会、年明け1月から新体制。豊田会長が退任し、新会長にはいすゞの片山氏が就任
自工会、年明け1月から新体制。豊田会長が退任し、新会長にはいすゞの片山氏が就任

更新:2023/12/05

自工会、年明け1月から新体制。豊田会長が退任し、新会長にはいすゞの片山氏が就任

自工会、年明け1月から新体制。豊田会長が退任し、新会長にはいすゞの片山氏が就任

日本自動車工業会は11月22日、各社トップである正副会長全員が出席し、4年振りとなるリアル形式での記者会見を開催。10月26日~11月5日にかけて開催された「ジャパンモビリティショー」の結果や、会長交代の人事...


「ジャパンモビリティショー」開催に向け結束強化。日本の最新技術や未来を体感
「ジャパンモビリティショー」開催に向け結束強化。日本の最新技術や未来を体感

更新:2023/10/27

「ジャパンモビリティショー」開催に向け結束強化。日本の最新技術や未来を体感

「ジャパンモビリティショー」開催に向け結束強化。日本の最新技術や未来を体感

自工会は9月21日、各社トップである正副会長全員が出席し記者会見を開催。10月28日から開催される「JAPAN MOBILITY SHOW2023」に向け、結束を強化することを表明した。


「ジャパンモビリティショー」へ名称変更の意図を説明。第7回二輪車委員会メディアミーティング開催
「ジャパンモビリティショー」へ名称変更の意図を説明。第7回二輪車委員会メディアミーティング開催

更新:2023/11/02

「ジャパンモビリティショー」へ名称変更の意図を説明。第7回二輪車委員会メディアミーティング開催

「ジャパンモビリティショー」へ名称変更の意図を説明。第7回二輪車委員会メディアミーティング開催

日本自動車工業会二輪車委員会は10月13日、報道関係者を対象に「第7回二輪車委員会メディアミーティング」を開催した。出席者は日髙祥博委員長をはじめとする二輪車委員会メンバーとメディア関係者。今回は「ジャ...


『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY 2023』開催。秋葉原でバイクをアピール!
『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY 2023』開催。秋葉原でバイクをアピール!

更新:2023/09/28

『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY 2023』開催。秋葉原でバイクをアピール!

『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY 2023』開催。秋葉原でバイクをアピール!

8月19日と言えば、『バイクの日』。今年も日本自動車工業会と日本二輪車普及安全協会が主催する『8月19日はバイクの日 HAVE A BIKE DAY 2023』が東京都千代田区のアキバ・スクエアで開催された。会場内には国内4...


二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も
二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も

更新:2023/05/08

二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も

二輪死亡事故の30%に見られるヘルメット離脱、25年間、比率に変化なし。メーカーへの働きかけや道路交通法改正が必要との意見も

自工会二輪車委員会は3月14日、報道関係者を対象に「第5回二輪車委員会メディアミーティング」を開催した。今回はプレゼンターとして、二輪車企画部会・安全教育分科会の飯田剛分科会長(ホンダ地域事業企画部主...


豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投
豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投

更新:2023/05/01

豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投

豊田会長、辞意表明を翻意し来年5月の任期満了まで続投

任期満了を待たずに自工会会長を辞任することを表明していた豊田会長が一転、続投を決めた。自工会運営体制の改革がポイントとなり慰留要請を受け入れた。世界的にも高い知名度をもつ同氏の存在感は大きく、現状...


中型ギア付バイクへの乗車が脳と心を最も活性化。二輪車委員会で研究結果をアプローチ材料として検討
中型ギア付バイクへの乗車が脳と心を最も活性化。二輪車委員会で研究結果をアプローチ材料として検討

更新:2023/03/01

中型ギア付バイクへの乗車が脳と心を最も活性化。二輪車委員会で研究結果をアプローチ材料として検討

中型ギア付バイクへの乗車が脳と心を最も活性化。二輪車委員会で研究結果をアプローチ材料として検討

第4回自工会二輪車委員会メディアミーティングが1月24日、日本自動車会館で開催された。今回の主要テーマは東北大学の川島教授による「バイクに乗ると"脳"が活性化する」。この内容をもとに、幅広く意見交換を...


『Lifestyle Gear』としてバイクを楽しむ新世代ユーザー~第3回 自工会二輪車委員会メディアミーティング~
『Lifestyle Gear』としてバイクを楽しむ新世代ユーザー~第3回 自工会二輪車委員会メディアミーティング~

更新:2022/12/01

『Lifestyle Gear』としてバイクを楽しむ新世代ユーザー~第3回 自工会二輪車委員会メディアミーティング~

『Lifestyle Gear』としてバイクを楽しむ新世代ユーザー~第3回 自工会二輪車委員会メディアミーティング~

自工会二輪車委員会は10月26日、日本自動車会館の会議室でメディア関係者を対象にした『第3回 自工会 二輪車委員会 メディアミーティング』を開催。二輪市場の現況やユーザー特性の変化、二輪を取り巻く課題の一...


保有台数、前年比微減ながらも、原二・軽二輪・小型二輪の3クラスでは増加
保有台数、前年比微減ながらも、原二・軽二輪・小型二輪の3クラスでは増加

更新:2022/11/01

保有台数、前年比微減ながらも、原二・軽二輪・小型二輪の3クラスでは増加

保有台数、前年比微減ながらも、原二・軽二輪・小型二輪の3クラスでは増加

コロナ禍以降、バイクが注目されているが、その傾向は二輪車保有台数からも見て取れる。今年3月末時点での二輪車保有台数は全体で1025万696台。全体としては前年から0.4%の微減となったが、原付一種クラス以外は...


「第10回 BIKE LOVE FORUM in 大分・日田」開催
「第10回 BIKE LOVE FORUM in 大分・日田」開催

更新:2022/10/05

「第10回 BIKE LOVE FORUM in 大分・日田」開催

「第10回 BIKE LOVE FORUM in 大分・日田」開催

3年ぶりに対面で開催されたBLF。今年の開催地は大分県日田市。「再評価されている二輪車。人気継続化のためには」をテーマに、二輪車産業政策ロードマップ2030取組状況の報告をはじめ、いまバイクが好調な理由や...


SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


Ninja40周年を記念した4モデル登場!

カワサキモータースジャパンは2月8日、お台場防災公園(東京都)で「Ninja 1000SX」「Ninja ZX-10R」「N...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


KAWASAKI「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」足つきインプレ!

カワサキのニューモデル「Ninja ZX-4RR KRT EDITION」の足つきチェックを、「Ninja ZX-25R」オーナの小...


【2023年上半期総まとめ】新車・中古車販売で国内4メーカーが苦戦する中、輸入新車は前年同期比プラスに

コロナ禍以降、注目を浴びて好調に推移していた二輪車の販売台数。今年はどうなっているのか。2023年も...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


ステマ規制で何がどう変わる? 「口コミ」のやらせ投稿は景品表示法違反に

10月1日より、ステルスマーケティングは景品表示法の規制対象となった。いわゆる「ステマ規制」だ。「消...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


驚異的なA.S.H.製ハイスペック・エンジンオイル

ネームに信用力があるメジャーブランドに対し、「もう一回使いたい」と思ってもらえるだけの性能を持っ...