業界トピックヤマハ

43年の歴史に幕。
「SR400 Final Edition」、3月15日発売。

公開日: 2021/03/19

更新日: 2021/04/06

 千葉県成田市で「成田国際空港(当時の名称は新東京国際空港)」が開港し、東京豊島区に超高層ビル「サンシャイン60」がオープン。エンタメ界を見ると、世界ではヴァン・ヘイレンの「ユー・リアリー・ガット・ミー」、ロッド・ステュワートの「アイム・セクシー」、オリビア・ニュートンジョンとジョン・トラボルタが主演した映画「グリース」などが大ヒット。日本ではサザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」でメジャーデビュー、「日本アカデミー賞」の第1回目を開催など、当時を知る人にとっては、どれもこれも懐かしい出来事だろうが、全て1978年に起きたことだ。

 その年にヤマハが世に送り出したのが「SR400」。もう43年前のことで、当時、二輪免許の取れる16歳だった人は還暦間近になる。なんとも長い歴史を持つバイクだ。そのSR400の最後のモデルとなる「SR400 FinalEdition(以下、ファイナルエディション)」が3月15日に発売され、これをもって国内向けモデルの生産が終了することを、ヤマハが発表した。

 ファイナルエディションのボディカラーには、「ダルパープリッシュブルーメタリックX」と「ダークグレーメタリックN」の2色が設定されている。このダークグレーは、過去にSR400に乗っていなくても、そのカラーリングをみれば誰もが「SRらしい」と感じるのではないだろうか。

 そして、ファイナルエディションのほか、同じ3月15日、1000台限定の特別仕様車「SR400 Final EditionLimited(以下、リミテッド)」も発売される。

 ボディカラーは専用の「ヤマハブラック」で、サンバースト塗装を施したフューエルタンク、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、『Final Edition』を記した黒い文字盤メーターなどを装備。リミテッドは、まさに特別な1台に仕上げられている。

 昭和、平成、令和、3つの時代を駆け抜けたSR400。「バイク」と聞いてSRのカタチを思い浮かべる人は、少なくないだろう。そんな、二輪車の代名詞とも言えるSRが、43年の歴史に幕を下ろす。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


初の女性社長、自らもライダー、H2の企画担当、8年間のフランス勤務経験・・・。話題性が豊富なだけに注...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


ホンダは3月19日、「モーターサイクルショー出展車報道撮影会」を開催。ワールドプレミア「CB-Fコンセプ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


2020年度における、小型二輪の平均車齢は16.05年、平均使用年数は15.23年であることが、自動車検査登録...