業界トピックヤマハ

43年の歴史に幕。
「SR400 Final Edition」、3月15日発売。

公開日: 2021/03/19

更新日: 2021/04/06

 千葉県成田市で「成田国際空港(当時の名称は新東京国際空港)」が開港し、東京豊島区に超高層ビル「サンシャイン60」がオープン。エンタメ界を見ると、世界ではヴァン・ヘイレンの「ユー・リアリー・ガット・ミー」、ロッド・ステュワートの「アイム・セクシー」、オリビア・ニュートンジョンとジョン・トラボルタが主演した映画「グリース」などが大ヒット。日本ではサザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」でメジャーデビュー、「日本アカデミー賞」の第1回目を開催など、当時を知る人にとっては、どれもこれも懐かしい出来事だろうが、全て1978年に起きたことだ。

 その年にヤマハが世に送り出したのが「SR400」。もう43年前のことで、当時、二輪免許の取れる16歳だった人は還暦間近になる。なんとも長い歴史を持つバイクだ。そのSR400の最後のモデルとなる「SR400 FinalEdition(以下、ファイナルエディション)」が3月15日に発売され、これをもって国内向けモデルの生産が終了することを、ヤマハが発表した。

 ファイナルエディションのボディカラーには、「ダルパープリッシュブルーメタリックX」と「ダークグレーメタリックN」の2色が設定されている。このダークグレーは、過去にSR400に乗っていなくても、そのカラーリングをみれば誰もが「SRらしい」と感じるのではないだろうか。

 そして、ファイナルエディションのほか、同じ3月15日、1000台限定の特別仕様車「SR400 Final EditionLimited(以下、リミテッド)」も発売される。

 ボディカラーは専用の「ヤマハブラック」で、サンバースト塗装を施したフューエルタンク、シリアルナンバー入り電鋳エンブレム、真鍮製音叉エンブレム、本革調シート、新色アルマイトのホイールリム、『Final Edition』を記した黒い文字盤メーターなどを装備。リミテッドは、まさに特別な1台に仕上げられている。

 昭和、平成、令和、3つの時代を駆け抜けたSR400。「バイク」と聞いてSRのカタチを思い浮かべる人は、少なくないだろう。そんな、二輪車の代名詞とも言えるSRが、43年の歴史に幕を下ろす。

人気記事ランキング

2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


「BDSバイクセンサー真夏の祭典」開催決定のお知らせ

2022年8月21日(日)、バイク検索サイト「BDSバイクセンサー」を運営する株式会社ビーディーエス「柏の...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


ATVが今日、安全にバイク感覚を体験できるアウトドア・アクティビティとして注目を集めている

「第三次アウトドアブーム」の今日、クルマ・バイクに次ぐ第三の乗り物、「誰でも運転できる、新たなア...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...