ニューモデルホンダ電動バイク

ベンリィe:とジャイロアップをベースに開発
ビジネス用電動三輪スクーター「ジャイロe:」登場

公開日: 2021/04/30

更新日: 2021/07/27

 ホンダは3月25日、「東京モーターショー2019」で世界初出展した「ジャイロe:」を、法人向けに発売開始した。同モデルは"毎日の配送をより便利で安心なものに ビジネスe:スリーター"をコンセプトに開発。昨年登場した「ベンリィe:」に続く、ホンダe:ビジネスバイクシリーズの第二弾だ。

毎日の配送をより便利で安心なものに ビジネスe:スリーター

交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」を2個搭載。着脱機構は「ベンリィe:」と同様、簡単な動作となっている。
交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」を2個搭載。着脱機構は「ベンリィe:」と同様、簡単な動作となっている。

 ジャイロe:は、ベンリィe:の車体をベースにジャイロアップの後二輪まわりを組み合わせた原付一種の電動スクーター。三輪ならではの特長を活かし、荷物運搬時の低速走行や旋回時に安心感ある走りを提供する。交換式バッテリー「ホンダモバイルパワーパック」2個を動力源とし、定常的なルートや距離での使われ方を考慮した、一充電あたり72㎞(30㎞/h定地走行テスト値)の航続距離を実現。また、後進アシスト機能を備えることで、より利便性が高いモデルとなっている。

 車体には、スイングしても荷台が地面と平行で荷崩れしにくい低床大型リアデッキ(63㎝× 45㎝)を採用。最大積載量は30㎏で、前側にストッパーカバー、横と後ろの3箇所にストッパーバー、8箇所にロープフックが設定されている。また、リアデッキ部の不意な動きに対して前側車体で抑えるスイングダンパーを装備。荷物積載時のライダーへの負荷を最小限にとどめている。

<center>ジャイロe:開発責任者 中川英亮さん</center>
ジャイロe:開発責任者 中川英亮さん

 さらに、スイング時に適度な復元力を発生させるナイトハルト機構を搭載。開発責任者であるホンダものづくりセンターの中川英亮さんは、

「二輪車に対し違和感のないライディングを実現し、初めて三輪車に乗る人にでも抵抗なく扱えるように開発しました」と説明する。

 その他、フロントフック(最大1㎏)やインナーポケット、アクセサリーソケット、パーキングロック機構を採用するなど、ビジネスシーンでの使い勝手を考慮したデザインとなっている。

 試乗を行ったバイクジャーナリストの小林ゆきさんは、次のように語る。

「フロント周りが『ベンリィe:』と一緒になったことで、ハンドリングが大分軽やかになっています。ただその分、いままでのジャイロとは重心のバランスやリーンの雰囲気が変わっているので、バイクに乗り慣れている人ほど注意が必要になると思います」

 メーカー希望小売価格(税込)は55万円、カラーリングは「ロスホワイト」と「ファイティングレッド」の2色展開。業務運用上の各種動態管理を可能とする二輪車用コネクテッドサービス「ホンダフリートマネジメント」対象モデルとなっている。

 ジャイロシリーズは、日本の集配業務に欠かせないモデル。コロナ禍によるデリバリー需要の拡大を受け、その存在価値はますます高まっている。ジャイロe:が普及するまでにはまだ時間を要するが、ビジネスの現場からも電動化への動きが着実に進んでいる。

人気記事ランキング

2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


「BDSバイクセンサー真夏の祭典」開催決定のお知らせ

2022年8月21日(日)、バイク検索サイト「BDSバイクセンサー」を運営する株式会社ビーディーエス「柏の...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


ATVが今日、安全にバイク感覚を体験できるアウトドア・アクティビティとして注目を集めている

「第三次アウトドアブーム」の今日、クルマ・バイクに次ぐ第三の乗り物、「誰でも運転できる、新たなア...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...