コラム総額表示

2021年4月1日より義務化された総額表示、実は2004年にすでに決められていた!

公開日: 2021/05/31

更新日: 2021/05/31

 値札に980円と書かれた商品をレジに持っていくと、「お会計は1078円になります」。このような経験をした人は多くいるはず。消費税を含めた「総額表示」の義務化がスタートした4月1日以降、″税込だといくら〟という計算をせずに買い物できるようになった。けれども、なぜこのタイミングでルールが変わったのだろうか。また、買い物をする際どのような影響があるのか。今回はそれらについて見てみよう。

 今年度よりルールが変わった総額表示だが、実はすでに2004年4月に義務化されている。当時から税抜表示が一般的であったが、消費者が一目で分かるようにするため義務付けられた。では、なぜ最近まで税抜価格が主流となっていたのだろうか。これには、1997年4月1日に税率が5%へと引き上げられて以降、二度の消費税増税が行われたことが関係している。

 2014年4月に8%、2019年10月に10%と段階的に引き上げるにあたり、政府はその都度価格表示を作り直すと、事業者にとって大きな負担になると考え、「消費税転嫁対策特別措置法」を施行。2013年10月1日から2021年3月31日までの約7年半、「5000円+税」「5000円(税別)」のように税抜価格であることが分かる表示になっていれば、税込表記は必須でなかった。つまり、今回のルール変更は措置法の失効を受けてのことなのだ。

 国税庁は総額表示の具体例として、「5500円」「5500円(税込)」「5500円(税抜価格5000円)」「5500円(うち消費税額等500円)」「5500円(税抜価格5000円、消費税額等500円)」と、複数パターンが該当すると公表。支払総額である「5500円」が明瞭に表示されていれば、「消費税額等」や「税抜価格」の記載があっても構わないとしている。つまり、「5000円(税込5500円)」とされた表示も、消費税額を含んだ価格が明確に表示されていれば、「総額表示」に該当するのだ。

 大手アパレルメーカー「UNIQLO」と「GU」を展開するファーストリテイリングは3月4日、価格表示を変更する旨を発表し、同月12日より新しい値札を使用。これを機に、価格の見直しも行っている。消費者には値段が分かりやすいというメリットがある一方で、商店街やショッピングモールなどでは店ごとに価格表示が異なるため、ややこしいというデメリットも存在する。

 事業者からは、値段が高くなったように見えることで、買い渋る人が増えるのではないか、という懸念の声が上がっている。ちなみに、総額表示を定める「消費税法第63条」に罰則規定については記載されていない。いつ適応されるかは分からないが、速やかな対応が求められる。

 総額表示は二輪業界にも該当する話。店頭の値札やポップだけでなく、インターネット上での価格表記など、変更し忘れには要注意だ。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...