業界トピック電動バイク

東京都、電動バイクの補助金増額
4メーカーを中心とした27モデルが対象

公開日: 2021/07/28

更新日: 2021/07/30

 東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」を公表。この実現に向け、2035年をめどに、都内で新車販売される二輪車の100%非ガソリン化を目指している。そのため、東京都では電動バイクの普及促進事業として、電動バイクを導入する事業者や個人に対して購入費用の一部を助成している。

 さらに東京都は、2021年度を「非ガソリン化元年」と位置付けており、三輪を含む電動バイクの車両購入費の補助額を2020年度よりも増額。この申請受付が6月7日にスタートしている。

 対象となっている電動バイクは、ミツオカ2モデル(側車付二輪)、ホンダ8車種16モデル(原付一種4 車種8 モデル、原付二種4車種8モデル)、スズキ2モデル(原付一種)、ヤマハ3モデル(原付一種)、トヨタ車体4モデル(ミニカー)、計27モデル。

 対象者は、都内に事務所または事業所のある法人、個人事業主。都内に住民票が取得できる住所のある個人、また、その個人や事業者と契約したリース事業者となっている。

 補助額は、ガソリン車両との価格差から国の補助金を除いた額(上限18万円または48万円)。原付二種の一例をあげると、電動バイクの車両本体価格81万円、ガソリン車価格が21万1000円の場合、価格差は59万9000円。国の補助金が12万円、東京都の補助金が47・9万円出るので、電動バイクとガソリン車の価格差が実質ゼロになる。

 電動バイクの中には、ガソリン車と比べてもなんら遜色のない価格帯のモデルもある。しかし、国や東京都の補助金を利用することで買い求めやすくなり、選択肢の幅も広がる。つまりは、電動バイクがさらに身近な存在となるということ。

 今年度の申請受付期間は、2021年6月7日から2022年3月31日。受付窓口は、「公益財団法人東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター」まで。

人気記事ランキング

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


昨年以降、国内4メーカーの、原付一種を除く昨年以降の新車販売台数は、ほぼすべての月で前年同月比プラ...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


原付二種スクーター「アドレス110」にスペシャルエディションとして「特別色」を設定して8 月6 日に発売...


1997年の初開催以来、カブシリーズのイベントとして毎年恒例となっているのが「カフェカブミーティングi...


東京都は原付三輪を含む、EVバイクの車両購入補助金を増額し、6月7日より申請受付を開始した。なお、受...


水冷・124cm3の“BLUE CORE”エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


全国オートバイ協同組合連合会は6月30日、衆議院第一議員会館で公明党オートバイ議員懇話会とオートバイ...