業界トピック電動バイクEV東京都

東京都、電動バイクの補助金増額。4メーカーを中心とした27モデルが対象

公開日: 2021/07/28

更新日: 2022/09/06

 東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」を公表。この実現に向け、2035年をめどに、都内で新車販売される二輪車の100%非ガソリン化を目指している。そのため、東京都では電動バイクの普及促進事業として、電動バイクを導入する事業者や個人に対して購入費用の一部を助成している。

 さらに東京都は、2021年度を「非ガソリン化元年」と位置付けており、三輪を含む電動バイクの車両購入費の補助額を2020年度よりも増額。この申請受付が6月7日にスタートしている。

 対象となっている電動バイクは、ミツオカ2モデル(側車付二輪)、ホンダ8車種16モデル(原付一種4 車種8 モデル、原付二種4車種8モデル)、スズキ2モデル(原付一種)、ヤマハ3モデル(原付一種)、トヨタ車体4モデル(ミニカー)、計27モデル。

 対象者は、都内に事務所または事業所のある法人、個人事業主。都内に住民票が取得できる住所のある個人、また、その個人や事業者と契約したリース事業者となっている。

 補助額は、ガソリン車両との価格差から国の補助金を除いた額(上限18万円または48万円)。原付二種の一例をあげると、電動バイクの車両本体価格81万円、ガソリン車価格が21万1000円の場合、価格差は59万9000円。国の補助金が12万円、東京都の補助金が47・9万円出るので、電動バイクとガソリン車の価格差が実質ゼロになる。

 電動バイクの中には、ガソリン車と比べてもなんら遜色のない価格帯のモデルもある。しかし、国や東京都の補助金を利用することで買い求めやすくなり、選択肢の幅も広がる。つまりは、電動バイクがさらに身近な存在となるということ。

 今年度の申請受付期間は、2021年6月7日から2022年3月31日。受付窓口は、「公益財団法人東京都環境公社 東京都地球温暖化防止活動推進センター」まで。

SE Ranking

人気記事ランキング

Zのリプロパーツでユーザーに愛され続けてきたドレミコレクションが、Z900RSのオーナーに新たな可能性を提案

大ヒットモデルとなったKAWASAKI Z900RS。その躍進の理由の一つはカスタムパーツの豊富さ。Z1仕様の外装...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


KAWASAKI 「Ninja ZX-10R 40thアニバーサリーエディション」を解説!

40周年記念の特別カラーをまとったNinja ZX-10Rを、バイクジャーナリストの小林ゆきさんが紹介。カワサ...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年国内二輪新車総需要 ~原付二種が大躍進し40万台をキープ~

2023年の国内における二輪車の新車総需要は、前年比0.1%マイナスの40万4572台となった。原付一種が10万...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...