ホンダ足つきインプレ小林ゆき動画

HONDA「CT125・ハンターカブ」足つきインプレ!

公開日: 2021/08/19

更新日: 2022/08/26

初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパーカブC125をベースとしているが、ホイールベースを+10mmとなる1255mm、シート高を+20mmとなる800mm、さらにアップハンドルを採用。果たして足つき性はどうなのか?バイクジャーナリスト小林ゆき氏が検証します!!(動画は最後にあります!)

ライディングブーツを履いてギリギリつく! (シューズ:RS TAICHI DRYMASTER コンバットシューズ)

車両重量120kg!グラっと来てもこらえられます。
車両重量120kg!グラっと来てもこらえられます。

タンデムシート!SP武川「CT125対応 ピリオンシート」※2020年8月末発売予定

タンデムステップが装備されているので二人乗りが可能です!試乗したシートはSP武川さんのピリオンシート。シートはふかふかで幅も十分あり座りやすい。マフラーのサイレンサーカバーが二重になっていて、タンデムライダーも安全に乗れます。

SP武川「CT125対応 ピリオンシート」
http://www.takegawa.co.jp/products/detail.php?product_id=4307&category_id=2323

足つきジャーナリスト小林ゆき!? CT125ハンターカブ足つきインプレ!

<a href=足つきジャーナリスト小林ゆき!? CT125ハンターカブ足つきインプレ!">
足つきジャーナリスト小林ゆき!? CT125ハンターカブ足つきインプレ!

■足つきジャーナリスト小林ゆき!? CT125ハンターカブ足つきインプレ!■

◆ライダー:バイクジャーナリスト 小林ゆき(身長160cm)

【略歴】横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。

小林ゆきブログ→http://yukky.txt-nifty.com/bikeblog/
Twitter→ https://twitter.com/yukky_rt
Kommonちゃんねる→https://www.youtube.com/channel/UC2Wn_ijZeK-dnilsWUDlAPg

SE Ranking

人気記事ランキング

Zのリプロパーツでユーザーに愛され続けてきたドレミコレクションが、Z900RSのオーナーに新たな可能性を提案

大ヒットモデルとなったKAWASAKI Z900RS。その躍進の理由の一つはカスタムパーツの豊富さ。Z1仕様の外装...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


KAWASAKI 「Ninja ZX-10R 40thアニバーサリーエディション」を解説!

40周年記念の特別カラーをまとったNinja ZX-10Rを、バイクジャーナリストの小林ゆきさんが紹介。カワサ...


オフ車選びに悩んでいる方必見! 人気オフロードバイク足つき比較

HONDA「CRF250L」、YAMAHA「WR250」「セロ-250」、KAWASAKI「KLX230」! 250ccクラスのオフロード車4台...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年国内二輪新車総需要 ~原付二種が大躍進し40万台をキープ~

2023年の国内における二輪車の新車総需要は、前年比0.1%マイナスの40万4572台となった。原付一種が10万...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...