Youtubeインプレ小林ゆきCT125

HONDA「CT125・ハンターカブ」足つきインプレ!

公開日: 2021/08/19

更新日: 2021/08/19

初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパーカブC125をベースとしているが、ホイールベースを+10mmとなる1255mm、シート高を+20mmとなる800mm、さらにアップハンドルを採用。果たして足つき性はどうなのか?バイクジャーナリスト小林ゆき氏が検証します!!(動画は最後にあります!)

ライディングブーツを履いてギリギリつく! (シューズ:RS TAICHI DRYMASTER コンバットシューズ)

車両重量120kg!グラっと来てもこらえられます。

タンデムシート!SP武川「CT125対応 ピリオンシート」※2020年8月末発売予定

タンデムステップが装備されているので二人乗りが可能です!試乗したシートはSP武川さんのピリオンシート。シートはふかふかで幅も十分あり座りやすい。マフラーのサイレンサーカバーが二重になっていて、タンデムライダーも安全に乗れます。

SP武川「CT125対応 ピリオンシート」
http://www.takegawa.co.jp/products/detail.php?product_id=4307&category_id=2323

足つきジャーナリスト小林ゆき!? CT125ハンターカブ足つきインプレ!

■足つきジャーナリスト小林ゆき!? CT125ハンターカブ足つきインプレ!■

◆ライダー:バイクジャーナリスト 小林ゆき(身長160cm)

【略歴】横浜育ちのバイクブーム世代。バイク雑誌の編集者を経て、現在はフリーランスのライダー&ライター。バイクを社会や文化の側面で語ることを得意としている。愛車は総走行距離25万kmを超えるKawasaki GPz900RやNinja H2など10台。普段から移動はバイクの街乗り派だが、自らレースに参戦したり鈴鹿8耐監督を経験するなど、ロードレースもたしなむ。ライフワークとしてマン島TTレースに1996年から通い続け、モータースポーツ文化をアカデミックな側面からも考察する。

小林ゆきブログ→http://yukky.txt-nifty.com/bikeblog/
Twitter→ https://twitter.com/yukky_rt
Kommonちゃんねる→https://www.youtube.com/channel/UC2Wn_ijZeK-dnilsWUDlAPg

人気記事ランキング

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


昨年以降、国内4メーカーの、原付一種を除く昨年以降の新車販売台数は、ほぼすべての月で前年同月比プラ...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


原付二種スクーター「アドレス110」にスペシャルエディションとして「特別色」を設定して8 月6 日に発売...


1997年の初開催以来、カブシリーズのイベントとして毎年恒例となっているのが「カフェカブミーティングi...


東京都は原付三輪を含む、EVバイクの車両購入補助金を増額し、6月7日より申請受付を開始した。なお、受...


水冷・124cm3の“BLUE CORE”エンジンをコンパクトなボディに搭載した原付二種スクーター「NMAX ABS」をモ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


全国オートバイ協同組合連合会は6月30日、衆議院第一議員会館で公明党オートバイ議員懇話会とオートバイ...