JAMA自工会

豊田会長、自工会記者発表で言及。「我々の敵は炭素。内燃機関ではない」

公開日: 2021/09/15

更新日: 2022/02/24

会見には豊田章男(トヨタ)会長、神子柴寿昭副会長(ホンダ)、日高祥博副会長(ヤマハ)、片山正則副会長(いすゞ)、永塚誠一副会長(自工会)が出席

今後の課題は既存の電動車を用い、足元でCO2を最大限減らしていくこと

 日本自動車工業会(豊田章男会長)は9月9日、定例記者会見を開催。カーボンニュートラルをはじめ、自動運転や政界への要望、自身に関する報道などについて説明した。

 まず豊田会長は、カーボンニュートラルにおいて、
「我々の敵は『炭素』であり、『内燃機関』ではない。炭素を減らすためには、国や地域事情に見合った取り組みが必要」と説明。

 また、日本の自動車産業はこの20年で23%という極めて高いレベルでCO2を削減している。今後の課題は技術的なアドバンテージを生かし、既存の電動車を用い、足元でCO2を最大限減らしていくこと、とした。

 さらに、輸出産業に支えられている日本にとっては、カーボンニュートラルは雇用問題でもある。選択肢を広げるための活動は、自動車産業550万人の雇用と日本国民の仕事と命を背負っているから、と力説した。

 また、一部政治家の発言についても言及した。
「一部の政治家が、すべてを電気自動車にすれば良い、あるいは、製造業は時代遅れ、と発言しているが、これは間違いだ。仕事と命を守るためには、先人、そして我々の努力を未来につなげることが基幹産業の責任だ」

 この発言は、後に誕生する新政権に対し、ガソリン車への風当たりをやわらげることを意図した発言であると考えられる。

 一部報道では、豊田会長の任期を2年間延長し2024年5月までとする方針であることが9月8日に発表されたが、これについて自工会では「一部報道機関において、会長人事に関する報道があったが、決定した事実はない」とのコメントを出している。また、豊田会長も、「いつから噂話を載せるようになったのか」と語調を強めた。

人気記事ランキング

昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


SE Ranking