ホバーバイクXツーリスモ

空飛ぶバイク「XTURISMO Limited Edition」を代官山に展示

公開日: 2021/10/27

更新日: 2021/11/01

「もし、このバイクが変形して空を飛べたらなぁ」など、SFチックなことを思ったことのある人もいるだろう。

そんな夢のようなことが現実となり、実車が東京都渋谷区に登場した。そのモビリティは、東京都港区にある「株式会社A・L・I・Technologies(以下、A・L・I・)」が開発した、世界で初となる実用型ホバーバイク「XTURISMOLimited Edition( 以下、Xツーリスモ)」だ。

さすがに変形こそしないが、同車は『空飛ぶバイク』として以前より話題になっているので、知っている人もいるだろう。

最近では、50周年を迎えた仮面ライダーシリーズの最新作「仮面ライダーリバイス」において、仮面ライダーリバイがXツーリスモをベース車両にしたホバーバイクに乗ることから、二輪業界内だけではなく広く一般でも話題となった。

代官山蔦屋書店

この、何かと注目を浴びているXツーリスモが10月9日(土)から10月20日(水)にかけ、東京都渋谷区にある「代官山蔦屋書店」のクルマ・バイクコーナーで展示されたのだ。これは、10月26日(火)に実施されるXツーリスモのお披露目会に先駆けて催されたもの。原稿を書いている時点では26日になっていないので、価格については明確にされていないが、お披露目会で受注が開始され、納車予定は2022年前半とアナウンスされている。

Xツーリスモのスペック(暫定値)は、駆動は内燃機関+電動、制御は電子制御による自律制御、重量は約300kg、サイズは全長3・7m、全幅2・4m、全高1・5m、最高速度は現時点では未発表となっている。

このXツーリスモのような乗り物はエア・モビリティと呼ばれており、A・L・I・以外でもいろいろと開発が進んでいる。一例を挙げれば、東京や大阪にオフィス、愛知県豊田市にR&Dセンターを持つ「株式会社SkyDrive」の「SD-03SkyDrive有人試験機」。同車は2020年夏にデモフライトを行なっており、その様子はユーチューブで公開されている。

もう、空飛ぶバイクは空想の乗り物ではない。現実の乗り物になろうとしているのだ。

人気記事ランキング

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...