ホンダEVジャイロキャノピー

ホンダ、ジャイロキャノピーe:発売。フル充電走行距離は77キロを達成

公開日: 2021/11/19

更新日: 2021/12/17

ホンダは10月28日、ホンダ青山ビルのホンダホールで報道説明会を開催。電動三輪スクーター「ジャイロキャノピーe:」を10月29日より発売すると発表した。

今回の発売について、ホンダモーターサイクルジャパンの室岡克博社長は

「カーボンニュートラルやSDGsなど、現状を取り巻く環境に対応するべく、ガソリンなど化石燃料の代替エネルギーとしての「電動化」を、次世代モビリティのパワーユニットの選択肢の一つとして加速させている。二輪・三輪は元来、環境負荷の少ないモビリティだが、ニーズに応えるべく将来に向けたEV化の技術構築が必要」

と、今後ニーズが高まることを想定したうえでの考えを表明した。

EVモデルは二輪車の選択肢の1つ

ホンダモーターサイクルジャパン 室岡 克博 社長

続いて同氏は「ホンダは二輪車・三輪車において、敢えて過酷な使用用途のビジネス領域から電動化にチャレンジすることで、使用状況や使い勝手、交換式バッテリーの有用性について、ユーザーの意見を聞くことで知見を増やし、その技術をフィードバックすることにより、ユーザーに資する製品の開発、販売に努める」とし、EVモデルを二輪車の選択肢の一つとして普及させる事が、ホンダの責務、と強調した。

従来のモバイルパワーパックに対し電池容量を増大させた「Honda Mobile Power Pack e:」

ジャイロキャノピーe:は、動力用電源には、従来のモバイルパワーパックに対し電池容量を増大させた「Honda MobilePower Pack e:」を2個使用し、1回の充電での走行距離は77㎞(30㎞/h定地走行テスト値)を実現している。

Honda Mobile Power Pack e:は、従来のモバイルパワーパックと互換性がある。そのため、GYRO e:やBENLY e:シリーズなど「Honda e:ビジネスバイク」での使用も可能となる。

従来のモバイルパワーパックと互換性があるため、さまざまな業種の用途に応じて、電動二輪車や三輪スクーターを選択可能

充電済みのモバイルパワーパックに交換することで、充電を待つことなく走行できる。また、これにより各種集配ビジネスや巡回サービスなど、さまざまな業種の用途に応じて、電動の二輪車や三輪スクーターを選択できるのだ。

販売価格は71万5000円。年間販売計画台数は1000台となっている。

人気記事ランキング

昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


首都圏とは環境が大きく異なる北海道で、バイクショップを営んでいる高松社長。同氏は大量の雪が積もり...


2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


前回の記者発表で2021年東京モーターショーの開催中止が発表されたが、今回はその次にあたる2023年の開...


ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


SE Ranking