コラムスマートテレビドン・キホーテ

ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

公開日: 2022/03/31

更新日: 2022/04/01

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題になっている製品がある。「Android TV機能搭載チューナーレススマートテレビ(以下、ドンキのチューナーレステレビ)」だ。同製品は現在、品薄状態となるほど人気となっているが、はたしてどのような魅力があるのだろうか。

ドンキのチューナーレステレビとは、地上波放送が映らないテレビ。つまり、名前にもあるようにテレビチューナーをあえて取り付けていない、ネット動画専用のテレビなのだ。

解像度はフルHDとなっており、ブルーレイディスクも問題なく視聴できる。また、HDMI端子を搭載しているため、パソコンのモニターを表示したり、ゲーム用モニターとしても使用することが可能。さらに、Chromecast機能も内蔵しており、スマホに保存した写真や動画などを映すだけでなく、スマホゲームを大画面で楽しめる。

発売開始2ヵ月後に再販されるほどの人気

ドンキのチューナーレステレビについて、地上波放送が見られないなら意味がないのでは、と思う人もいるかもしれない。けれども、発売を開始した2ヵ月後には、発売時と同数の6000台を再販するほどの人気。この理由としては、同製品の3つの魅力が挙げられる。

まず1つ目は、NHKの受信料が不要ということだ。放送法第64条には、「NHKの放送を受信することができるテレビをお持ちの場合、NHKと受信契約をしなければならない」との記載がある。けれども、ドンキのチューナーレステレビは前述の通り地上波放送が映らないため、これに該当しない。

2つ目は、リモコン一つでネット配信が見られることだ。本来、ユーチューブやアマゾンプライムビデオ、ネットフリックスなどをテレビで見るとなると、アマゾンの「Fire TV Stick」やグーグルの「Chromecast with Google TV」などのストリーミングデバイスが必要となる。けれども、同製品はそれらが不要なため、アプリをインストールすれば、すぐに様々なコンテンツを楽しむことができる。

3つ目は、価格が安いということだ。販売価格(税込)は42インチが3万2780円、24インチが2万1780円。どれくらい安いのかというと、インターネットで「42インチテレビ フルHD」と検索した際にヒットしたシャープの製品で4万5000円以上。ドンキのチューナーレステレビとの差額が1万円以上となっていることから、同製品の安さが伺える。

ドンキのチューナーレステレビは、ネット配信しか見ない、そもそもテレビが必要ない、といったユーザーの需要にピンポイントで刺さり、一定以上の人に受け入れられている。スマホの普及とともに加速している、今日のテレビ離れの現状を表していると言えよう。

人気記事ランキング

ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


大寒波が日本を襲う!ラニーニャ現象のメカニズムとは?

「この冬はラニーニャ現象の影響により寒さが厳しくなるかもしれません」。これは、11月~12月にかけて...


3代目500円硬貨、浸透には時間が必要?SNSでは「使えない自動販売機が多い」との声が多数

昨年11月1日、21年ぶりに新たな硬貨の流通が始まった。3代目となる新500円硬貨だ。SNSでは「やっと巡り...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


モーターサイクルショップアクト 松沢 勇弥 店長(長野県伊那市)【販売店取材】

東京で腕を磨き、23歳の時に家業に就いた松沢勇弥氏。昨年、27歳で店長になった同氏は、ライディングス...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


カワサキモータースジャパン 桐野 英子 社長【ザ・トップインタビュー】

3万1000台強という近年最高の販売実績を上げたカワサキ。牽引の筆頭はZ900RSだが、この先、コンペモデル...


SE Ranking