ニューモデルヤマハ

新型「XSR900」は、『ヤマハレーシングヘリテージ』を反映した新スタイルで登場!

公開日: 2022/06/28

更新日: 2022/07/05

2010年代後半、2016年あたりからだろうか、伝統的・正統的なスタイルと最新の技術・機能を融合させた新しいカテゴリーが台頭。2017年には、カワサキが「Z900RS」を発売し、盛り上がりを見せていたカテゴリー人気を決定的なものとした。今や、国内外のメーカーから様々なモデルが発売され、百花繚乱の賑わいを見せている。カテゴリーとしては、ネオレトロ、ネオクラシックなど様々な呼び方があり、ヤマハなら『スポーツヘリテイジ』がそれに当たる。

例としてZ900RSを挙げたが、2016年に発売されたヤマハの「XSR900」も、カテゴリーを牽引するモデルの一つである。発売以来、高い人気を誇ってきた同車がフルモデルチェンジ。今年6月30日に、ニューモデルとして発売された。

開発コンセプトは「TheExpert of Equestrian(伝統馬術のエキスパート)」。一見すれば分かるが『ヤマハレーシングヘリテージ』を反映したという新しいデザインは、レーシーさが加味されたスタイルとなっている。新開発されたLEDヘッドランプ、3.5インチのフルカラーTFTメーターも採用されている。

搭載するエンジンは、これまで同様のクロスプレーン・コンセプトの3気筒だが、排気量が845㎥から888㎥へとアップ。ピストン、コンロッド、クランクシャフト、クランクケースなど、主要パーツのほとんどが新設計。最初に「最新の技術・機能を融合」と書いたが、XSR900には2021年モデルの「MT-09/TRACER9GT」と同一仕様の『IMU』を搭載。2015年モデル以降の「YZF-R1」に搭載された『IMU』の基本性能を維持しつつ、センサー構成を見直し、50%の小型化と40%の軽量化が図られてた。

このほか、専用設計のリアフレーム、新設計のリアアーム、ヤマハ独自の『SPINFORGED WHEEL(スピンフォージド・ホイール)』技術により700グラム軽量化されたホイールなども採用している。

販売は、YSPおよびアドバンスディーラーのみでの販売となる。メーカー希望小売価格は税込121万円。

人気記事ランキング

「BDSバイクセンサー真夏の祭典」開催決定のお知らせ

2022年8月21日(日)、バイク検索サイト「BDSバイクセンサー」を運営する株式会社ビーディーエス「柏の...


ドン・キホーテのチューナーレススマートテレビとは?テレビなのに地上波が映らない⁉

昨年12月10日、驚安の殿堂ことドン・キホーテがプライベートブランド「情熱価格」より発売し、話題にな...


「フォーティーエイトファイナルエディション」を日本限定で発売。空冷スポーツスター購入のラストチャンス!

ハーレーダビッドソンジャパン(HDJ)は12月5日、パシフィコ横浜で開催された「Yokohama Hot Rod Custom...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


来年4月よりオートバイ高速料金が普通車の半額に!11月までの8ヵ月間、期間限定で実施

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


2021年上半期の普通&大型二輪免許新規取得者、前年同期比で実に36%増!

いま、二輪免許の新規取得者が増えている。2019年、2020年と前年比でプラスになっているが、2年連続して...


2021年新車国内出荷台数。前年比16.3%の大幅増となったが、40万台の大台には届かず

2021年の新車国内出荷台数が38万2000台となる見込みであることが分かった(二輪車新聞調べ)。40万台に...


大寒波が日本を襲う!ラニーニャ現象のメカニズムとは?

「この冬はラニーニャ現象の影響により寒さが厳しくなるかもしれません」。これは、11月~12月にかけて...


東京都、電動バイクの補助金増額4メーカーを中心とした27モデルが対象

東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


ガソリン価格はなぜ値上がりし続けているの?レギュラー1L当たりの全国平均は170円台目前!

ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...


SE Ranking