ヤマハEV

「EVバイクレンタルさせてもらえませんか?」と「ZOLA Project」がコラボ

公開日: 2023/08/29

更新日: 2023/09/05

ヤマハは今年3月16日、二輪車の非ガソリン化に向け、東京都と民間企業が共同で行う『EVバイク等利活用促進事業』の一環として『多言語対応EVバイクレンタルサービス』をスタートさせている。対象地域は東京都の代官山エリアと伊豆大島。同サービスにおいてヤマハは、『Sound UD』プラットフォームと連携したレンタルシステムを提供している。

さらに、今年5月18日からは、『多言語対応EVバイクレンタルサービス』とテレビ東京の人気番組である『出川哲朗の充電させてもらえませんか?』とのコラボレーション企画『EVバイクレンタルさせてもらえませんか? 』をスタート。これは、ヤマハ発動機株式会社の電動バイク『E Vino』と同番組が監修したオリジナルのスイカヘルメットをレンタルし、利用者に同番組のゲスト気分とE Vinoでの観光を楽しんでもらうというもの。この『EVバイクレンタルさせてもらえませんか?』の実施期間は、2024年2月29日まで。

ここまでは小誌で紹介してきたが、まだまだ先がある。それが、7月21日にスタートした『EVバイクレンタルさせてもらえませんか?』と『A.I.VOICE ZOLA Project(ゾラプロジェクト)』のコラボレーション企画だ。このゾラプロジェクトは、音声技術をリードする企業のひとつである東京都文京区の株式会社エーアイが提供する、ヤマハの『VOCALOID(ボーカロイド)』に対応した男性ボイスバンク。ゾラプロジェクトで作成したガイド音声が、レンタルしたバイクで訪れたスポットで流れるというものだ。また、9月下旬まで、毎週、ボーカロイドやA.I.VOICEのキャラクターが追加されるので、いろいろなキャラクターと旅が楽しめる。

対象エリアは代官山エリアのみで、予約は特設サイトからとなっている。車両はE Vinoで、料金は以下の通り。

料 金:30分お試し 1,100円(税込)
    3時間 2,750円(同)
    5時間 3,850円(同)
    延長料金15分毎 550円(同)

特設サイトURL:https://e-ridetokyo.jp/



ヤマハ記事一覧EV記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


原付免許の定義が変わる!? 現在検討中の法改正について詳しく解説!

法改正で原付免許の定義が変わるかもしれないといった話題が、最近インターネットで出ていたのをご存じ...


【トップインタビュー】ハーレーダビッドソン ジャパン 野田 一夫 代表取締役

2022年、ハーレーは登録台数において1万台突破という大きな実績を上げた。これは過去6年間における最高...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


未経験でも簡単施工を実現。使いやすさと時間短縮に成功したWAKO'S(ワコーズ)のタンクライナー

バイク乗りなら誰もが知るブランドであるワコーズ。そのワコーズが使いやすさと効果が得られまでの時間...


「THUNDER MOTORCYCLES」は新規ユーザーを獲得する魅力に溢れている

普通二輪免許区分、特に250㏄クラスに新しい波が起きている。THUNDER MOTORCYCLESが販売する本格的な250...


SUZUKI「eチョイノリ」、電動アシスト自転車と同バッテリー!

10月25日からスタートしたJAPAN MOBILITY SHOW2023で、スズキが原付一種相当のEVスクーター「eチョイノ...