ヤマハニューモデルオフロード

日本仕様モデル「YZ450FX」、日本向けサスセッティングで登場

公開日: 2023/10/19

更新日: 2023/10/23

ヤマハは10月13日、スポーツランドSUGOモトクロスコースで2024年オフロードコンペモデル「YZシリーズ」のプレス試乗会を開催した。

誕生から50周年を迎えたYZシリーズ

誕生から50周年を迎えたYZシリーズ
誕生から50周年を迎えたYZシリーズ

誕生50周年を迎えたYZシリーズの24年モデルは、「YZ450FX」「YZ250FX」「YZ250X」「YZ125X」の4機種を展開。当日は、フルモデルチェンジが行われたYZ450FXと、マイナーチェンジが行われたYZ250Fが試乗車として用意され、前者をメインに試乗を行った。

YZ450FXは、2023年にフルモデルチェンジが行われた「YZ450F」のエンジンとボディをベースに、クロスカントリー用モデルとして開発されたモデル。専用ECUを採用し、極低速域での粘り強さと中高速域での力強さを発揮するエンジンを搭載している。また、クロスカントリー用に調整したクラッチとトランスミッションをはじめ、ストロークをローダウン化し、専用のチューニングを施した前後サスペンションを装備。さらに、車両重量は114kgと、車体の軽量化を図りながらも、7.8Lを確保したコンパクトなタンク、新設計樹脂製のエンジンガードなど、専用パーツを搭載している。

様々な路面状況、速度領域での力強さと扱いやすさを進化

様々な路面状況、速度領域での力強さと扱いやすさを進化
様々な路面状況、速度領域での力強さと扱いやすさを進化

YZ450FXについて、同モデルプロジェクトリーダーのヤマハ事業推進センターの中澤誠さんは次のように説明する。

「YZ450FXは、YZ450Fのパフォーマンスを引き継ぎながら、クロスカントリーモデルとして、様々な路面状況、速度領域での力強さと扱いやすさを進化させました。また、前後各10mmのホイールトラベル短縮により、シート高をYZ450Fから10mm低くし、低重心化を実施。これにより、旋回時の接地感、トラクション、マシンとの一体感を向上させています。さらに、前後サスペンションは日本向けのセッティングを行い、幅広いライダー層をカバーできる仕様としました」

YZ誕生50周年アニバーサリーカラーを用意

YZ誕生50周年アニバーサリーカラーを用意
YZ誕生50周年アニバーサリーカラーを用意

YZシリーズの24年モデルは、YZ誕生50周年アニバーサリーカラーを用意。50年の歴史と熱意の象徴として、1993年の「YZ125/250」をオマージュし、カラーリングを採用することで、当時の熱量のまま、これからもYZと共に駆け抜けていく想いを表現している。

YZシリーズの24年モデルは10月20日より発売を開始。YZ450FXは11月20日からとなる。メーカー希望小売価格(税込)は、YZ450FXが122万6500円、YZ250FXが100万6500円。YZ250Xが81万9500円、YZ125Xが77万円。

井田講師によるYZ450FX試乗インプレ

井田講師によるYZ450FX試乗インプレ
井田講師によるYZ450FX試乗インプレ

YZ450FXは日本人に合わせたセッティングが行われ、サスペンションのバネのレートがいままでのモデルと変わっているため、林道やガレ場でも走りやすい味付けになっています。また、このモデルのすごいところは、アプリに対応していて、エンジンの出力を優しくしたり、強くしたりなど、簡単に変えられることです。450ccとなると、乗りこなせるか不安という人もいると思いますが、エンジンの出力をアプリで切り替えられるので、自分のレベルに合った設定にすることができます。自身の成長に合わせて、長く楽しめる1台だと思います。



ヤマハ記事一覧ニューモデル記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...