ホンダイベント

『第26回 カフェカブミーティングin青山』開催。2日間で約400台のカブが集結

公開日: 2023/12/04

更新日: 2023/12/07

ホンダは10月14日~15日の2日間、ホンダ・ウェルカムプラザ青山で『第26回 カフェカブミーティングin青山(以下、カフェカブ)』を開催した。

思い思いのカスタムが施されたカブたち。まるでカスタムカブの見本市⁉

カフェカブ参加者による人気投票は2日間、行われた
カフェカブ参加者による人気投票は2日間、行われた

これは、全国津々浦々からカブのオーナー、いわゆる『カブ主』が自慢の愛車で青山に集まるイベント。

カフェカブの参加規定には、「ホンダ製のバイクで、アンダーボーンフレームにカブ系4ストローク横型シリンダーエンジンを搭載しているモデルであること」「ホンダ製のバイクで、車両名称にCubと表記されているモデルであること」などがあるが、ただそれだけを満たしていれば良いというわけではない。ユーザー自身の『自走』での参加が原則なのだ。

カフェカブには様々なカスタムが施されたカブが集まるが、見どころの一つはエントリー車両がウェルカムプラザに集まってくる朝の時間帯。国道246号線の青山一丁目交差点で信号待ちするバイクを見た瞬間、「あれは、カフェカブの参加者だな」というのがすぐ分かる。カブはどこでも見ることのできるバイクだが、カフェカブに集まるカブには、超が付くほどの個性的なカスタムが施されている。まるでカスタムカブの見本市といった様相だ。それらが走って集まってくる様子は、カフェカブ独特のもの。

(写真左から)中部博氏、小林謙一氏
(写真左から)中部博氏、小林謙一氏

15日はあいにくの天気でエントリー台数が少なかったが、それでも2日間で約400台のカブが青山に集結した。

両日ともイベントスケジュールは同じで、午後からは『スーパーカブは、なぜ売れる』の著者であるノンフィクション作家・中部博氏、三樹書房取締役社長で『スーパーカブの軌跡』の責任編集を務めた小林謙一氏によるトークショー、協賛各社の表彰、カフェカブ参加者による参加者のカブへの人気投票の結果発表などが行われた。

エントリーしなくても、見るだけでも楽しい。入場は無料なので、カブオーナーは必見のイベントだ。

SE Ranking

人気記事ランキング

原付一種の新たな枠組み策定を巡る討論加速。2025年11月以降、原付一種はどうなる?

昨年11月、原付一種を除く継続生産車は「第四次排ガス規制」適用の期限を迎えた。これに伴い、ホンダの...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


電動スクーター「EM1 e:」発表、補助金利用で30万円を大きく下回る価格を実現

ホンダはバッテリーEV「EM1 e:」を8月24日に発売すると発表した。これは、法人向けではなくパーソナルユ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


道交法規則改正、AT限定大型二輪免許でゴールドウィングや FJR1300ASに乗れる!

昨年9月、道路交通法施行規則の一部を改正する内閣府令が公布され、12月1日に施行された。


カワサキ新型「KLX230SM」足つき&試乗インプレ!

軽量かつアグレッシブなスーパーモトスタイルのカワサキ「KLX230SM」に、小林ゆきさんが試乗!足つき・...


SUZUKI「Vストローム250SX」足つきインプレ! ~ローシート&標準シート比較~

スポーツアドベンチャーツアラーのスズキ「Vストローム250SX」を、バイクジャーナリストの小林ゆきさん...


ハーレーダビッドソン新型「X350」登場! 足つきインプレ編

“普通自動車二輪免許”で乗れるハーレー「X350」が発売! バイクジャーナリストの小林ゆきさんと、BDSバ...


【ライダーインタビュー】鳴戸親方(元大関・琴欧洲)「4時起きで箱根までソロツーリング、朝食をとって10時過ぎには帰宅。そんな感じです」

「明治ブルガリアヨーグルト」の化粧まわしと聞いて、「あっ、あのイケメン外国人力士ね」と思い出す人...