ニューモデル販売店取材

日本市場をターゲットに開発されたGUNNER50。その強烈なインパクトはバイク初心者をも魅了

公開日: 2021/04/30

更新日: 2022/09/21

最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、日本市場に向けてリリースされた。メーカーのデザインコンセプトは「日本人が驚くものを開発する」。これが的中し、20代のバイク初心者を含めた幅広い層から支持を得るに至った。

若者の7割以上が「見た目」でバイクを選択

<center>クロニクル店舗外観。ガンナーの初回ロット分は完売</center>
クロニクル店舗外観。ガンナーの初回ロット分は完売

ある統計によると、最近の若者がバイクを選ぶ基準は「見た目」が最も多く、全体の7割以上を占めるという。排気量やカテゴリーにもよると思われるが、動力性能などで選ぶ人の方が少数なのだ。

千葉県松戸市に拠点を構えるGPX千葉(moto shopクロニクル/山口雅史社長)は、タイの人気メーカー「GPX」の正規ディーラー。国産車とはまた違ったルックスが人気だが、そんな同店が総代理店として新たに扱い始めたのが「GUNNER(ガンナー)」。見た瞬間、「何これ?」と誰もが思うほど強烈なインパクトを放つ。実際、SNS上で話題になり、若いユーザーを中心に問い合わせが増加しているのだ。moto shopクロニクルでは現在、販売代理店を募集している。そこで、山口社長に、ガンナーの魅力について聞いた。

初回ロット20台を販売しトラブル報告は1台もなし

<center>クロニクル 山口雅史 社長</center>
クロニクル 山口雅史 社長

――― PHOENIX・ENGINEERING(フェニックス エンジニアリング)はタイのメーカーですね。
山口
 はい。昨年設立されたメーカーです。元々、GPXの製造に携わっていたのですが、自社ブランドとしてPHOENIXを立ち上げました。実はガンナーは日本のマーケットだけを見て開発されたバイクなのです。

――― 排気量50㏄というのは、そういうところに理由がある。
山口
 GPXもそうですが、アジアのメーカーは、日本で発売して日本で認められたい、という強い思いがあります。知名度が高まった後に、大きい排気量をリリースするのが流れです。

――― 開発コンセプトは?
山口
 まずデザインですが、『日本人が驚くものにしたい』がメーカーの第一義的な考え方です。ここを基準に、どういうものだと日本人に受け入れられるか、について細かくリサーチをしたようです。例えばキックだけではなくセルも装備したり、コストは掛かるけど制動力を優先し、ドラムではなくディスクブレーキにしたり、などです。

――― 製造にあたり、メーカーが拘った点は、どういったところでしょうか。
山口
 このバイクのコンセプトは"ちょい乗り"です。取り回しの良さがポイントとなるので、ハンドルの切れ角を深くすることで、最小回転半径を小さくしました。パーツ供給に関する質問をよく受けますが、これについては弊社で必要数をストックしています。この1月、初回ロットの20台を販売しましたが、トラブル報告は1台もありません。

ガンナーの一番の魅力とは

<center>足着き性をチェック。157cmの女性がまたがると、少しカカトが上がる</center>
足着き性をチェック。157cmの女性がまたがると、少しカカトが上がる

――― では、ガンナーの一番の魅力は。
山口
 一般的に最近のバイクは性能が良すぎるので、昔のバイクと違い、いじる範囲が狭まっています。レーシングキャブやハイカムを組んで出力をアップする必要はないし、純正サスも高性能。でも、ガンナーはあえてカスタムする余地を残しています。例えば75㏄のボアアップキットがボルトオンで1万円程度の金額で装着でき、それだけで2〜3馬力アップします。また、キャブやブレーキパッドの交換、LEDバルブへの換装やフォークオイルの粘度変更など、比較的リーズナブルな費用で性能が向上し、その効果を体感できるのです。実際、福島と神奈川、広島のガンナーの代理店さんは、お店でもどんどんカスタムし、お客さんと一緒になって楽しんでいます(笑)。いまの時代にあってインジェクションでなくキャブレターなので、メインジェットを交換し、トップスピードを8キロアップさせたりしています。

――― タイでのガンナーの発売予定は。
山口
 タイでは50㏄は売れないので現在、150㏄エンジンを搭載したガンナー150を開発しています。車名はガンナーですが、車格は大きく変わりますね。

――― この先、日本では100㏄モデルを追加販売すると伺いました。
山口
 この7月に第2便が入って来ます。割り当ては40台。かなり人気が出ると予測しています。

――― 今後の展開を楽しみにしています。

<center>主要諸元</center>
主要諸元

GPX千葉では現在、販売代理店を募集している。興味のある方はご一報を。

moto shop クロニクル
千葉県松戸市栄町西2-920-1  TEL:047-367-3838
https://chronicle521.com/



販売店記事一覧ニューモデル記事一覧

SE Ranking

人気記事ランキング

『スマートモニター』選ぶなら、すすめるなら、安心できる製品を!

今、ユーザーから注目されているツールのひとつが『スマートモニター』。バイクにスマホをマウントする...


2023年新車国内出荷台数 ~原一、10万台を割り込んだが原二の躍進で37万9800台と前年比3.0%のプラス~

2023年の新車国内出荷台数は国内4メーカー合わせて37万9800台(速報値・二輪車新聞社調べ)。原付一種が...


【トップインタビュー】カワサキモータースジャパン 桐野英子 社長

3万1000台強という近年最高の販売実績を上げたカワサキ。牽引の筆頭はZ900RSだが、この先、コンペモデル...


セブンイレブンが全国の店舗で値引き販売実施! 目印は緑色の「エコだ値」シール

日本全国に2万1551店(2024年4月末時点)もの、コンビニエンスストア「セブンイレブン」を展開するセブ...


二輪に関する新組織「バイカーズ議員連盟」が設立

ライダーの地位向上を目的に、超党派の議員で構成されるバイカーズ議連が設立された。会長には大岡敏孝...


ステマ規制で何がどう変わる? 「口コミ」のやらせ投稿は景品表示法違反に

10月1日より、ステルスマーケティングは景品表示法の規制対象となった。いわゆる「ステマ規制」だ。「消...


2023年1月より電子車検証導入。二輪業界では、何がどう変わる?

来年1月、車検証が電子化される。二輪業界では何がどう変わるのか、販売店やユーザーのメリットは何か。...


二輪自動車整備士の講師が教えるバイクメンテ教室! ~ブレーキ編~

日常点検、皆さんやられてますか? 危険なトラブルの早期発見になる非常に重要なことです。今回は【ブレ...


川崎重工から独立分社化し「カワサキモータース」発足。2035年までに先進国向け主要機種の電動化を完了

川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


2002年創業のサイドカー専門店、ブリストルドックスの専門スキルを紐解く

一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...