ニューモデルスズキ

「GSX-S1000」がフルモデルチェンジ
ストリートバイクならではの走る楽しさを追求

公開日: 2021/08/03

更新日: 2021/08/03

 スズキは8月4日より、新しいエンジンや最先端の電子制御システムなどを搭載した、新型「GSX-S1000」の発売を開始する。

 同モデルは、スーパースポーツバイク「GSX-R1000」のエンジンと車体をストリート向けにチューニングした、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるストリートバイク。従来モデルから扱いやすさとスポーツ性能の高さを継承しつつ、アグレッシブかつ前衛的なデザインを採用。また、エンジンの出力向上を図るとともに、電子制御システムS.I.R.S.(スズキ・インテリジェント・ライド・システム)を新たに搭載することで、より扱いやすさとスポーティーなライディングを両立したモデルへと進化を遂げた。

 新型「GSX-S1000」は、6月より欧州を中心に発売を開始。国内モデルは、欧州同等の仕様、装備とし、スポーティーなライディングから普段使いまで、ストリートバイクにおけるライダーの走る楽しさを追求している。

 メーカー希望小売価格(税込)は143万円。カラーはトリトンブルーメタリック、グラスマットメカニカルグレー、グラススパークルブラックの3色展開。

カラーバリエーション

トリトンブルーメタリック(YSF)
グラスマットメカニカルグレー(QT7)
グラススパークルブラック(YVB)

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...