スズキ業界トピック

スズキ、創立100周年。記念ロゴを発表し、記念サイトも開設

公開日: 2020/06/22

更新日: 2021/07/13

 今から100年前の1920年(大正9年)と言えば、世界的には国際連合の前身と言える国際連盟が発足した年。日本では、慶應義塾大学や早稲田大学、明治大学や法政大学など多くの大学が設立認可された年。また、第一次世界大戦後の戦後恐慌が起き、銀行が倒産するなど混乱した年でもあった。

 そんな動乱期真っただ中の1920年3月15日、静岡県浜名郡天神町村(現在の浜松市)に鈴木式織機株式会社が設立された。同社は1954年、鈴木自動車工業株式会社と社名を変更。スズキは今年100周年という記念すべき年なのだ。

 スズキでは今年、創業日である3月15日、100周年を記念した取り組みとして、「100周年記念ロゴマークの制定」と「100周年記念サイトの開設」を発表した。

 100周年記念ロゴマークは、スズキのこれまでの100年を表しているだけではなく、これから先も無限大(∞)に続いていくようにという思いが込められたデザインとなっている。また、100の2つのゼロは、乗り物を象徴するタイヤがモチーフとなっている。

 100周年記念サイトのメインビジュアルは、創業当時の鈴木式織機株式会社の外観。これを見て、スズキの原点と分かる人は、そうはいないだろう。歴史を感じさせる写真だ。

 記念サイトでは、代表取締役会長の鈴木修氏、代表取締役社長の鈴木俊宏氏の挨拶のほか、「スズキ100年の軌跡」や「四輪&二輪車両系統図」などがある。

 100年の軌跡は、その言葉通り、「四輪」「二輪・船外機・他」「企業」の、100年間におけるトピックを紹介している。

 車両系統図もカテゴリー別になっており、四輪は「軽自動車」「登録車」の2系統。二輪は、「スポーツ&ストリート(2サイクル)、ファミリー&ビジネス」「スポーツ&ストリート(4サイクル)、スーパースポーツ」「クルーザー、デュアルパーパス、大型スクーター」の3系統に分けて紹介されている。

 ひとことで100年と言うのは簡単だが、「スズキ100周年記念サイト」に掲載されているトピックや系統図の歴史を見ると、100年という長さを実感する。これまでもそうだったように、これからもスズキには、バイクの魅力や楽しみをユーザーに提供し続けて頂きたい。

人気記事ランキング

第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


初代CTから約60年を経て、現代的なスタイルとの調和を図り蘇ったCT125・ハンターカブ。フレームはスーパ...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


最近、SNSを中心に話題となっているGUNNER50。日本市場を綿密にリサーチし、需要特性を分析したうえで、...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


日本郵便とホンダは1月17日、日本郵政新宿郵便局で記者発表を行い、郵便配達業務で使用する電動二輪車と...


今年5月の新店舗への移転を機に、それまでの方針を180度転換。中古車中心から新車中心となり、取扱ブラ...