販売店取材有限会社バンカラ注目

有限会社バンカラ 神原 良太 社長(広島県広島市)【販売店取材】

公開日: 2021/10/27

更新日: 2021/11/10

有限会社バンカラ 神原 良太 社長


やはりヴィンテージハーレーは微動だにしなかった。コロナ禍の影響は皆無に等しく、むしろ上向いている。なかには一度に5台、まとめて購入したユーザーもいた。こうした背景には、ユーザーの消費スタイルの変化、消費欲求の充足が関係していた。

過去最高はナックルヘッドの1300万!

ヨーロッパ調のデザインが特長的な店舗

なかなか見かけない店舗デザインである。一見すると、ホテルの1階にテナント出店しているショップのよう。その、ヨーロッパ調デザインの外観には「瀟洒」という言葉がピッタリと当てはまる。そして店頭には、ひと目でそれと分かるヴィンテージハーレーが並んでいる。

有限会社バンカラ(神原良太社長)。広島県広島市西区に拠点を構える、ヴィンテージハーレーを中心とした旧車専門店である。建物は9階建てワンルームマンションで店舗は1階。神原社長は、このマンションのオーナーでもある。

同氏は元々、建設業界の出身。24歳で転職し、広島の大手四輪・二輪ディーラーに入社した。ディーラーには約7年勤務し独立。その後、バンカラを設立した。

最初は現拠点から少し離れた場所に拠点を構えた。見た目もごく普通の販売店であった。神原社長は当時の状況について、次のように語る。

「オープンは1999年ですが、当時はいまほどヴィンテージに振ったモデルは多く扱っていませんでした。在庫は90年代の主流だったエボリューションがおよそ半数で、残りが70年代以前のモデル。そこで20年販売を行い2019年に現在の場所に移りました」

現在の店舗の設計については、内外装はもちろんタイル1枚に至るまで、すべて神原社長が決めた。

土地面積は200坪。移転のかなり以前に、将来の自社物件の建設に備え購入していたという。つまり長期的スパンでビジョンを描いていたのだ。

「最初は2階建ての店舗を考えていました。けれども知人から、賃貸マンションにしたらどうか、とのアドバイスがあり、それもいいな、と。銀行と交渉し融資を受けられることになったので、一転しマンションを建てることになりました」

移転によるメリットの一つとしては、ユーザーに与える安心感が考えられるが、それが適中してか、県外からのユーザーが増えているという。最近の傾向としては、インスタを見ての来店が圧倒的多数で、ホームぺージを見ての来店は少数だという。

「もうホームページは必要ないのかな、と思ってしまうほどです。アカウントは私用とスタッフ用の2つがあるのですが、私は“日常“について書き、スタッフは入庫した車両をテーマに書く、そんな感じです」

ナックルヘッドELモデル。“超“がつく希少車だ

在庫は全部で25台ほど。他にユーザーからの委託車両も10台ある。ハーレーに関しては、ナックルヘッドやパンヘッド、サイドバルブやショベルヘッド、そしてエボリューションまで、幅広く揃う。国産ではカワサキの77年式KZ1000LTDB‐2やホンダの69年式CB750K0などもある。

最も歴史のあるモデルは1936年から1947年まで生産されたナックルヘッド。取材時に在庫していた車両のなかでは、1937年のELが最も古く価格は1100万円。新しいモデルでも1995年製FXDWG。価格は156万円だ。

気になるのは仕入れルート。これについて神原社長に聞いた。

「全体の7〜8割ほどを知人のコーディネーターから輸入しています。ナックルやショベルを年間10台ほど引っ張ってくることができれば上出来です。年間販売台数は70台前後です」

平均単価は200万円を少し切るほどだというが、最も高額な車両は先日、熊本のユーザーに販売した1300万円のナックルヘッドだという。このユーザーも、インスタを見てバンカラの存在を知った様子。ユーザーの年齢層は50〜60代が最も多く、ハーレーを乗り継いできている会社経営者が多いのが特徴だ。熊本のユーザーもこの層に当てはまるという。

レース参戦が信用を高め安心感をもたらす

カフェをイメージさせる、オシャレな店内。ヴィンテージハーレーが驚くほどマッチする

ヴィンテージモデルに乗るユーザーは、どのように楽しんでいるのか。さすがに70〜80年も前の車両となると、ツーリングを楽しむ機会は相当少ないだろうと想像したが、実際はそうでもないという。これについて神原社長はこう語る。

「アレ( と言いながら店内の車両を指さす)は1948年製のWRというファクトリーレーサーで、私のオートバイなのですが、富士で開催されるA.V.C.C(アメリカン・ビンテージ・モーターサイクル・コンペティション・クラブマン・ロードレース)にアレでずっと参戦していました」

つまり、出場できるだけのコンディションを作り出せるスキルがある、ということなのだ。レースへの出場はユーザーからの信用の醸成に繋がる。

「参戦することで信用度が高まるのです。最近はすこし怠けてますが、以前はずっと首位をキープしていました。これは大きいですね」

これは、かつての国内メーカーの手法である。レースで知名度・商品価値を高め、その技術を市販車にフィードバックするやり方だ。

「おかげさまでお客さんからは、『バンカラさんなら安心』とよく言われるようになりましたね」

ヴィンテージモデルの場合、トラブルに対する不安は多くのユーザーが感じることだと思うが、これについては保証の充実により不安の払拭に努めている。保証内容は、1年間保証もしくは1万キロ保証のどちらかを選ぶというもの。これは以前から継続しているという。保証にはパーツ一つひとつが関係するが、バンカラではこのあたりの見極めには細心の注意を払う。

「内燃機は、モデルによりオリジナルでないとダメなモノもあれば、そうでないほうがいいモデルもあるので、その見極めがポイントです。パーツについてはドラッグスペシャリティーズやVツインなどのアフターパーツメーカーから仕入れます。例外はガスケット。ウチがオリジナルで製作しています。既製品はどうしても満足できないので、ウチのオリジナルを使っています。これによりクォリティは格段に向上しました」

バンカラでは、販売車両のクォリティ向上にはかなり重きをおいているが、車両については先にも述べたように、注文買いは少なく神原社長の目利きで仕入れた車両をユーザーが確認し商談に入る、という流れだ。

「コーディネーターからのオファー物件を確認し、これは、と思った車両を仕入れます。お客さんに、こんなバイクがありますよ、と話すと、価格を聞かれます。まだ車両自体が入ってないので、おおよその価格を伝えると、そのまま成約となることもありますね」

コーディネーターが卸すのは、バンカラに対してだけではない。他のショップにも卸しているという。

「だから、高人気車両については、アメリカ〇〇州の〇〇に住む〇〇さんが持っている、という情報を、みんなが知っていたりします(笑)。余談ですが、アメリカにAMCAという組織があるのですが、そこでは車両情報を管理しています。ひと言で言うと、ヴィンテージハーレーに乗っている人の情報をデータベース化しているのです。日本ではなかなか考えられないですよね」

以前は東京と福岡にも2拠点を展開

整備工場。80年以上の車両がさりげなく置かれているその様子は、まさに“異空間“

バンカラの現在の拠点は広島市内の1拠点のみだが、以前、東京と福岡にも出店していたことがある。いまから12年前、恵比寿店(東京都渋谷区)に店を構え、碑文谷店(ひもんや・目黒区)に工場を設置した。当時、神原社長は月に2回、ハイエースで通っていたという。当時の顧客には、元ジャニーズのタレントもいた。お洒落な街に店を構えたこともあり人気は高かく、オリジナルペイントのパンヘッドやオリジナル状態のナックル、ショベル、リペイントのデュオグライドなど、様々なものを取り揃えていたという。

東京店のオープンから5年後、今度は福岡に進出した。2014年のことだ。

「この店はオートバイをメインにはせず、カフェとアパレルをベースに展開しました。キッカケは、ウチのお客さんに福岡の方がいまして、その彼がアパレルの店をやりたい、と言っていたので、それじゃあ、とその場のノリで決めてしまったのです。考えが甘かったですね。中途半端な店だったので、3年と持ちませんでした。東京店ですか?元従業員に権利を譲渡しました。今も碑文谷で店を営んでいます。ヴィンテージハーレーが専門であるところは変わりませんが、店名も変わり全く別の店として営業しています」

コロナ禍で販売状況に何か変化はあったのだろうか。これについては、全く落ち込みはなく、むしろ上向いた、と即答する。驚かされたのは、まとめて5台購入したというユーザーの存在。総額は実に3000万円。乗るのではなく飾って鑑賞するのだという。このような買い方は、特例中の特例だと思われるが、この背景にはコロナ特有の事情があった。ユーザーのお金の使い道が変化し始めた、と神原社長は分析する。

「例えば旅行。かつては自由に行けた海外旅行も、昨年以降、ほぼ閉ざされてしまいました。そのため、旅行に流れていたお金がオートバイやクルマ、宝飾品に回るようになった。これも一因だと思います。そういう方って、お金を使うクセがついているので、確実に消費するのです」

コロナが収束したら、二輪業界の図式も大きく変わるものと思われるが、バンカラにおいては、従来からの固定客に加え、店舗移転やSNS効果により年々、商圏は拡大し、それに比例するカタチでユーザー数も大きく増加している。ヴィンテージハーレーという、ある意味ニッチな分野に特化し20年以上、ブレることなく突き進んできたことが、いまの隆盛をもたらしたのだろう。

最後に一つ。店名の「バンカラ」について、その由来を紹介する。このネーミングは神原社長の「カンバラ」を組み替えたもの。これに気付くユーザーは半数ほどだという。ちなみに「バンカラ」は粗野な学生のイメージで、その対極にあるのが「洗練」を想起させる「ハイカラ」である。

店の造形や店内の洒落た雰囲気から伝わるのは、どう考えても「ハイカラ」だが、あえてその対極を店名にするところにウィットを感じる。そのイメージこそがバンカラの本質なのだ。

人気記事ランキング

オートバイ高速料金を普通車の半額とし、来年4月から11月まで実施することが確定した。この決定に基づき...


東京都は2019年12月、2050年に二酸化炭素の実質排出ゼロに向けた「ゼロエミッション東京戦略」...


川崎重工業株式会社は10月1日、「モーターサイクル&エンジンカンパニー」を分社化し、カワサキモーター...


125ccとは思えない車格のバイクをラインアップするスペインの二輪ブランド「レオンアート」。広告活...


第6波が懸念される新型コロナウイルス。現在も様々な産業に甚大な被害をもたらしている。ダメージが大き...


AJ埼玉は11月3日、さいたま市のファインモータースクール指扇校で「第14回 彩の国 埼玉バイクフェスタ ...


一般のカスタムのようにパーツをボルトオンすれば完成するほど、サイドカーの製作は甘くはない。東京都...


昨年以降、国内4メーカーの、原付一種を除く昨年以降の新車販売台数は、ほぼすべての月で前年同月比プラ...


やはりヴィンテージハーレーは微動だにしなかった。コロナ禍の影響は皆無に等しく、むしろ上向いている...


ガソリンの値上がりが止まらない。「石油情報センター」が11月17日に発表した、同月15日時点のレギュラ...